セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

新元号はいかにして体を表すか

投稿日:2019年4月17日 更新日:

政府は1日、「平成」に代わる新たな元号を「令和」と発表したが、最終的に絞り込んだ6つのうち「令和」以外に、「久化(きゅうか)」「英弘(えいこう)」などすべての候補が明らかになった。

政府は1日、各界の有識者や閣僚らに6つの新元号の候補を示したが、政府関係者によると、「令和」以外の5案は「久化(きゅうか)」「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」だったことがわかった。このうち、「令和」以外にも「英弘(えいこう)」と「広至(こうし)」は日本の古典を出典としていて、それらは古事記と日本書紀から選ばれたという。

日テレNEWS24 2019/4/2
新元号、「久化」「英弘」など他に候補5案が判明

新元号が「令和」は、『万葉集』に収められた梅花の歌、“初春の令月にして気淑よく風和らぎ”に由来するという。これは古典的な日本的情景を描いており、そのイメージを喚起させるネーミングという点において、今日のブランディング的な思考に通底しているように思える。

そもそも日本のように独自の元号を持つ国は少ない。それでもなお私たちが元号という“ネーミング”を絶やさないのは、ただ単に伝統だからというだけでなく、「時代」という目に見えない巨大な概念に名前を付けることで、所有・共有しようとする意思の表れなのではないか。

古来“名は体を表す”といわれるように、「令和」というネーミングによって、新しい時代とそれを生きる私たちが、どのようにインナーブランディングされるのか――そんな視点で見てみるのもおもしろそうだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

不要時計で社会貢献 TiCTACが刻む、SDGs

腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」(チックタック)では、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)の活動に協力する「腕時計下取りキャンペーン」を今年も実施いたします。 環 …

10年で撤退。「フォーエバー21」はなぜ失敗したのか?

米ファストファッション大手フォーエバー21の日本法人は25日、日本国内の全14店舗を10月末で閉店すると発表した。オンラインストアも閉鎖する予定で日本事業からの撤退となる。「売り上げ不振で数年間、赤字 …

スーパー総選挙3連覇「オーケー」。その“看板”はファンによって磨かれる

「あなたにとって最高のスーパーはどのお店ですか?」 TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「スーパー総選挙」。今年で第3回を迎えた。リスナーイチオシのスーパーをメールとHP …

改元プロモーション?! Twitterの新機能説明会

  Twitter Japanは19日、Twitterの新機能などを紹介する説明会を開催。5月1日からの改元に向けた企画などについて紹介した。2017年のマーケティングチーム発足以来、コミュ …

ロゴ変更。ネット黎明期のアイコン米「Yahoo!」の現在地

米Verizon傘下のYahoo!は9月24日(現地時間)、企業ロゴの新デザインを発表した。2013年9月以来、6年ぶりのデザイン変更だ。なお、日本のYahoo Japanは資本的に無関係であり、ロゴ …

サイト内検索