セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

今治タオルのブランド進化

投稿日:2019年12月23日 更新日:

今治タオル専門店「伊織」は12月5日、「東急プラザ渋谷」にオープンする。12月3日マスコミ向け内覧会を開催した。

東急プラザ渋谷のコンセプトである「大人をたのしめる渋谷へ」を受け、店舗コンセプトを「おとなのための上質なくらし」に設定した。上質かつ日本のモノづくりを伝える商品をラインアップ。タオルだけでなく、リラクシングウェアも強化し、タオル地の作務衣、バスローブなどをそろえた。

また、プラスチックバッグ削減の動きを受けて、タオル地の風呂敷を展開。タオルにもなり、ラッピング、ストールにもなるマルチな商品となっている。

2019年12月5日 流通ニュース
今治タオル専門店/「伊織」東急プラザ渋谷に出店、タオルウェア強化

「今治タオル」は、かつてタオル業界が存立の危機に立たされたときに誕生した、逆境から生まれたブランドである。

今治は元々タオルの生産地として有名な場所ではあったが、以前はブランディングの不足もあり、今治タオルの知名度自体は決して高くはなかった。そのようななか、2000年前後から中国製のタオルが大量に輸入されたことにより、業界全体が壊滅的な打撃を受けることとなった。特に、タオル生産の一大拠点であった今治では、その影響は大きかった。

そのようなこともあり、2006年より、国の支援で佐藤可士和氏をブランディングプロデューサーとして迎え、本格的なブランディングを行った。これにより、「今治タオル」は知名度を上げ、社会に支持される存在となっていったのである。

紆余曲折を経て、ブランド化に成功した今治タオルは、今では幅広いラインナップを揃え、タオルの可能性を広げるブランドとして、リラクシングウェアなどへブランド拡張が始まっている。

危機から生まれた「今治タオル」というブランドが、今ではタオル業界全体を牽引するほどの存在へと進化した。

ブランディングの価値と大切さが、よくわかる好事例ではないだろうか。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

関連記事

「信州・松本 棚田ものがたり」に見る、ネーミングの妙

ソバ栽培などを手がけるかまくらや(長野県松本市)や味噌製造の石井味噌(同市)などは10日、松本市郊外の棚田の再生を通じて地域ブランド商品の販売などを始める。第1弾として地元の素材を使った味噌を11日か …

山陽新聞が「ご当地スマホゲーム」をリリース。 岡山の救世主になるか?

晴れの国をモチーフにした小鬼に、ジャージー牛の鬼など、プレーヤーが桃太郎の代わりになって各地に散らばった鬼を封印するゲーム、「桃太郎外伝 鬼詣(おにもうで)岡山見聞録」が17日に配信されました。 ゲー …

世界遺産で街おこし 大阪府堺市の地域活性化プロジェクト

大阪初の世界遺産として盛り上がりを見せる「百舌鳥・古市古墳群」。そんななか、古墳の魅力を楽しむために増えているのが古墳グッズのイベント。7月17日から、「堺タカシマヤ」(大阪府堺市)で『古墳祭り in …

「はかま」のイメージ 小学校卒業式での着用に賛否両論

(前略)近年、小学校卒業式でのはかまの着用が議論を呼んでいる。 2011年ごろから各地の小学校で、卒業式に和装で参加する児童が増えはじめ、自治体や教育委員会が自粛を呼びかける動きも出ている。その理由は …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

サイト内検索