セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

「信州・松本 棚田ものがたり」に見る、ネーミングの妙

投稿日:2019年12月20日 更新日:

ソバ栽培などを手がけるかまくらや(長野県松本市)や味噌製造の石井味噌(同市)などは10日、松本市郊外の棚田の再生を通じて地域ブランド商品の販売などを始める。第1弾として地元の素材を使った味噌を11日から販売する。20年以降、商品数を増やし、棚田を観光名所にしたい考え。

かまくらやは耕作放棄地だった松本市・四賀地区の棚田を借り、地元農家や支援企業・団体と連携して18年から稲作を進めてきた。10日、栽培したコメの商品化を目的とする「四賀の棚田風景を守る会」を立ち上げ、ブランド名を「信州・松本 棚田ものがたり」に決めた。

石井味噌は支援企業の1社で、18年に収穫したコメと地元産の大豆を原料に約2トンの味噌をつくった。石井味噌とかまくらやの店舗で販売する。価格は500グラム入り1080円、300グラム入りは640円。石井味噌は20年にも約3トンの味噌を製造する。

日本経済新聞 2019/12/10
長野・松本 棚田再生でブランド商品化 まず味噌発売

ことばを用いて消費者の心象にポジティブなイメージとして定着させる――。ブランディングにおけるネーミングの果たすべき役割だが、それ達成しているブランドはあまり多くない。それくらいネーミングはありふれたものが氾濫し、陳腐化しているのだ。

さて、この『信州・松本 棚田ものがたり』はどうだろう。 確かに「ものがたり」という字面には既視感がないわけでもない。しかし、見た・読んだ瞬間スッと頭にインプットされ、目を閉じれば「棚田が広がる里山の風景」をイメージできる瞬発力を持ったネーミングではないだろうか。また、同ブランドでは、「棚田の再生」という商品軸とは違うテーマを掲げており、話題性も高い。

東京オリンピックを目前に控え、古き良き日本の風景が次々と消失していく中で、日本人が共有する数少ない情景をテーマとしたブランド名は今後も増えていくのではないだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

災害対策も国際的かつ多様的に BCPと総務部門の戦略的価値

昨年の西日本豪雨や大阪を襲った台風、各地で頻発する地震など、自然災害がもたらす被害が深刻化するとともに、防災への意識は強まり、学校や官公庁にとどまらず、一般企業や家庭での備蓄需要も拡大している。 こう …

「65型」が15万円台。大型テレビもアンチブランドの時代?

アイリスオーヤマは今月、テレビ事業に本格参入する。10月には、昨年からホームセンター向けにテスト販売する独自ブランド「LUCA(ルカ)」シリーズに、家電量販店向けに画質と音質を向上させた2モデルを追加 …

ハイグレード通勤バス 東急電鉄の実証実験

座れるバスで快適な通勤を――。東急電鉄は1月下旬から、東急田園都市線たまプラーザ駅と渋谷駅を結ぶ「ハイグレード通勤バス」の実証実験を開始した。Wi-Fiやトイレの付いたバスで定員は24人。電車より時間 …

“半端ない”ブランド価値を目指して~本坊酒造が大迫選手とアンバサダー契約

桜島と鹿児島市(イメージ) “本坊酒造は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。同社は今後、大迫選手をアンバサダーとして起用したプロモーション、CM広告、ポスターなど各種販売促進ツ …

フードデリバリー系強し。ブランド力は時代を映す鏡?

データ分析企業のモーニング・コンサルト(Morning Consult)は、2019年に急成長を遂げたブランドを調査し、12月5日(現地時間)にレポートを公開。Z世代、ミレニアル世代(1981年から1 …

サイト内検索