セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

ダイソー/コーポレート・アイデンティティ刷新、新ロゴ発表

投稿日:2019年3月18日 更新日:

大創産業は3月5日、新社長就任から1年にあたる2019年3月に、企業としてのブランド価値をより世界に向けて拡げていくために、CI(コーポレート・アイデンティティ)とロゴを刷新すると発表した。

新しいコーポレートスローガンは、「だんぜん!ダイソー」。商品を手に取ったお客に、想像を超える驚きと楽しさを提供することを宣言し、いつでも「だんぜん!ダイソー」と言ってもらえるように、商品開発、快適な店舗空間、サービス向上に取り組む。

新しいロゴには、社名を英文字であらわすDAISOのAの形をデザインし、「人々の生活をアップデートしていく」「人々の生活をより豊かにしていく」という強い決意と熱意を表現した。

3月6日 流通ニュース

 

いまや100円ショップが百貨店にテナント入店する時代だ。
“安かろう・悪かろう”というネガティブなイメージは今は昔。最近では衣食住にまつわる商品を網羅した総合雑貨店として私たちの生活に欠かせない存在となっていると言っても過言ではない。

ニュースが伝える新スローガン「だんぜん!ダイソー」はシェア争いで追随するセリアやキャン・ドゥらを意識したものにほかならならず、ロゴマークもそれを意識してか以前のカラフルで大衆的なものから、ポップで女性的なものへと一新した。

近年、小売業界を中心にさまざまなプライベートブランドが台頭し100円ショップの価格的優位性が失われつつあるなかで、今後ダイソーがどのようなポジショニングをとっていくのか注目だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

サントリーのボス 続くコーヒー以外へのブランド拡張

サントリー食品インターナショナル株式会社は、「BOSS」の濃縮タイプ飲料「ボス ラテベース」の新たなラインナップとして、「ボス ラテベース 香ばしピスタチオ」を1月22日(火)から期間限定発売します。 …

どう変わる? 国民的サウンドロゴ

「伯方の塩」で有名な伯方塩業(松山市)は、CMでおなじみの「は・か・た・の・しお♪」というフレーズを歌う2代目声優のオーディションを実施している。グランプリに輝くとウェブ広告に出演できるとあってネット …

自販機が地域ブランディングに貢献する?

宮崎市にあるみやざきアートセンター付近に設置された自販機。一見するとどこにでもある自販機だが、さも当然のような顔で「鶏の炭火焼き」「冷や汁」が並んでいる。 自販機の中でも異様な存在感を放っているこちら …

「ブランドイメージが落ちる」~南青山児相の説明会

東京・港区は15日、南青山の一等地に児童相談所(児相)を含む複合児童施設の建設を計画している件で、前日14日に続き大規模説明会を開いた。説明会は計6度となるが、近隣住民が「ブランドイメージが落ちる」な …

「オリガミで、半額。」 キャッシュレス決済サービスのし烈なシェア争い

Origamiから、「オリガミで、半額。」の第六弾が、2019年4月24日(水)〜4月30日(火)に、モンテローザグループが運営する「白木屋」「魚民」「笑笑」「山内農場」など、全国1661店舗で開催に …

サイト内検索