セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

全県民に「翔んで埼玉」鑑賞を 大ヒット映画、映画館のない秩父で特別上映会 23日、東映の協力で開催

投稿日:2019年3月19日 更新日:

秩父市は8日、同市熊木町の秩父宮記念市民会館大ホールフォレスタで23日午後2時から、全国で異例の大ヒットを記録している映画「翔(と)んで埼玉」の特別上映会(東映主催)を開催すると発表した。現在公開中の映画では異例の特別上映会という。

同映画は2月22日に全国公開され、埼玉をディスる(けなす)面白さなどが話題となり、公開12日間で鑑賞人数が80万人を突破するなど、大ヒットを記録している。秩父地域には映画館がなく、全県民に同映画を鑑賞してもらうため、東映の協力で特別上映会が開催されることになった。

3月9日 埼玉新聞

 

「セガなんてだっせーよな!」。90年代末のゲーム機シェア争いにおいて、ソニーに大きく水を空けられたセガエンタープライズは掟破りの自虐コピーを用いて話題を呼んだ。

一方、香川県では「うどん県」という、観光スローガンとしては異例の情緒性を削ぎ落したコピーを用い、逆説的に香川県が持つ多様な魅力を訴求している。

ブランディングにおけるコミュニケーション表現は、その商品・サービスの魅を伝えることが王道だが、必ずしもそれだけが正解でない。

公開3週目で興行収入15億円を突破した『翔んで埼玉』は、「ダサイタマ」と揶揄されるなどブランド力に乏しいとされてきた埼玉県の弱点を笑いに昇華させることで、結果として埼玉県への興味喚起と愛着を促すことに成功している。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ネット炎上からブランドを守る保険? 東京海上の新サービス

東京海上日動火災保険は22日、飲食店の従業員などによる不適切な動画の投稿やパワハラ被害が報道された際に、企業のトラブル対応費用を補償する保険を4月から提供すると発表した。アルバイトの問題行為でインター …

酔えない社会での、高アルコール飲料ヒット要因とは

サントリースピリッツ株式会社より「-196℃ ストロングゼロ〈トリプルレモン〉」が、2019年7月23日(火)から夏限定で新しく発売されます。 「-196℃ ストロングゼロ〈トリプルレモン〉」は、20 …

バーニーズNY本店縮小に見る、旗艦店の存在意義

バーニーズ・ニューヨークが縮小する。同社はその象徴であるニューヨークの旗艦店を半分以上縮小し、9フロアのうち5フロアを手放す計画だと、関係者がニューヨーク・ポストに語った。Business Insid …

Netflix「ROMA ローマ」は“映画”か?英興行会社シネワールドが徹底抗戦

カンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品が決まっていたにもかかわらず取り下げられ、ベネチア国際映画祭でNetflixオリジナル映画としては初となる金獅子賞を受賞するなど、今年の賞レースを牽引する一 …

スタバがまたも新店舗オープン 経営理念に基づく多店舗展開

スターバックス コーヒー ジャパンは3月20日、京都市中京区に、若いアーティストの80点以上のアート作品に囲まれながらコーヒーを楽しめる「スターバックス コーヒー 京都BAL店」をオープンした。 (中 …

サイト内検索