セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

100万人都市が取り組む、新しい街のイメージ

投稿日:2019年6月13日 更新日:

(前略)

スポーツは単なる体育の延長ではなく、経済の活性化、環境改善、観光の魅力向上、文化の醸成につながる力を持っていると話し、「スポーツの力」を活用したさいたま市のコミュニティの再生にも期待を寄せる清水市長。その構想実現の舵を取るのが、SSCの会長を務める池田純氏だ。

浦和レッズ、大宮アルディージャ、西武ライオンズなど、埼玉県全域で見ればプロアマを含めスポーツチームを数多く有しているものの、さいたま市と言われてすぐに「スポーツの街」と浮かぶほどのブランディングはできていない。池田氏によれば「スポーツ」という大カテゴリと同時に、すでに実績のあるツール・ド・フランスさいたまクリテリウムという世界大会の開催を通じ、「自転車の街」という実際の街づくりを通して、印象の浸透、文化形成を行うべきだという。

VICTORY 2019/5/31
官・民連携で目指す!さいたま市のスポーツブランディング

「スポーツの街」と言われても、漠然としていていまひとつピンと来ないが、平たく言えば街に何らかのキャラクター付けをしたいということだろう。

人口126万人を擁する大都市ながら、「東京のベッドタウン」という以外にこれといったイメージを持たないさいたま市。これは地域ブランディングにおいてデメリットのように見えるが、見方を変えれば、「どんな色にも染まりやすい」という長所としても解釈できるかもしれない。

さいたま市が取り組むスポーツ都市計画はすでに2013年から世界的な自転車レースである「ツール・ド・フランス」の名称を冠した自転車レースを開催するなど積極的な動きを見せている。プロジェクトの中心となるのは、横浜ベイスターのブランディングを成功させた池田純氏というのも期待が高まる。

「さいたま市といえばスポーツ」と誰もが思うようになる時代は、そう遠くないかもしれない。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

クロネコ、キャラクターを一新。否定意見が多いのは愛されている証?

画像引用:http://www.yamato-hd.co.jp/news/2019/2019102301.html ヤマトホールディングスは23日、11月29日に旧社名の「大和運輸」として、創業100 …

ダイソー/コーポレート・アイデンティティ刷新、新ロゴ発表

大創産業は3月5日、新社長就任から1年にあたる2019年3月に、企業としてのブランド価値をより世界に向けて拡げていくために、CI(コーポレート・アイデンティティ)とロゴを刷新すると発表した。 新しいコ …

バーニーズNY本店縮小に見る、旗艦店の存在意義

バーニーズ・ニューヨークが縮小する。同社はその象徴であるニューヨークの旗艦店を半分以上縮小し、9フロアのうち5フロアを手放す計画だと、関係者がニューヨーク・ポストに語った。Business Insid …

ブーム終焉後の生き残り策 焼酎の気になる今後

帝国データバンク福岡支店が7日までに発表した焼酎・泡盛メーカーの2018年売上高ランキングで、霧島酒造(宮崎県都城市)が659億円で7年連続の首位となった。ただ、前年より3.4%減。上位50社の売上高 …

Jリーグ「町田ゼルビア」、紛糾した改称騒動に仮決着

J2のFC町田ゼルビアオーナーの親会社サイバーエージェントの藤田晋社長は、11日のサポーターミーティングでチーム名を「FC町田トウキョウ」に改名すると発表した件に関し、18日、20年は名称、ロゴ含め現 …

サイト内検索