セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Branding Method

誰が食べるのか!?チョコ味のやきそばのブランディングを考える

投稿日:2017年1月31日 更新日:

ペヤングチョコやきそば

ここ数年、カップ麺市場では多くのメーカーがユニークな新商品を発売しているのが目立ちますね。今回はこれらのユニークな新商品からブランディングについて考えていきます。

日清のカップヌードルビッグ謎肉祭

カップヌードル

ここ最近話題になったのが日清の「カップヌードルビッグ謎肉祭 肉盛りペッパーしょうゆ」。もともとカップヌードルに入っている肉の原材料が独特な形状をしていたためインターネット上で一部の消費者から謎肉と呼ばれていました。通常、原材料がわからないとなればブランドにとってはマイナスのイメージとなるものですが、それを逆手にとったのが日清のスゴさです。インターネット上の一部の呼称を、販売元が商品に使ったことで大きく話題となりました。結果的に販売から3日後に生産計画が追いつかず販売中止になったのも記憶に新しいところ。

ユニークな商品が話題のカップ麺市場

最近では、日清以外でもカップ麺業界自体が新たな試みを行っています。特徴的なのは、一目で違和感を感じる商品であるという点です。

具体的には、

バレンタイン商戦を意識したもの

・甘ーいきつねうどん

赤いきつね

明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース

一平ちゃん

ペヤング チョコレートやきそばギリ

ペヤング

プレミアム、リッチがキーワードとなるもの

・カップヌードル リッチ 贅沢だしスッポンスープ味
・カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味

カップヌードルリッチ

一部の具材を大盛りにしたもの(パクチーや謎肉、ワカメなど)

ペヤング わかめMAXラーメン醤油

ペヤングわかめ

ペヤング パクチーMAXやきそば

ペヤングパクチー

などがあります。

定番商品だからこそできる商品展開

共通しているのが、違う商品を新たに開発するのではなく、定番商品のフォーマットを使って新たな提案を行っている点です。こうした商品の展開を行うことで、「私の知っている○○がこんな変わったものになってる」というギャップが生まれ消費者を引きつけています。ブランド力のある定番商品だからこそ意図的にこういった手法が可能になっていますね。

こうした動きはカップ麺業界以外にもあり、ジンジャーエールの炭酸を強くしたものやチューハイのアルコール度数を9%にしたもの。また、アイスのガリガリ君は20種類以上の商品ラインナップがあり「大人なガリガリ君」「ガリガリ君リッチ」などプレミアム志向のものも発売しています。

バレンタインを意識したものは、SNSで拡散されることを狙っているとも言えます。
一平ちゃんのチョコ味について明星食品のマーケティング部長は

「毎月リリースしている新味の一平ちゃんの中では、断トツの反響をいただきました。もしかしたら明星食品全体でも、ここ数カ月で一番反響があったかもしれません」

と語っています。

一方で変わった味を作る時には「お金を出して食べたのに…不味い」と非難されたりクレームになったりと諸刃の剣となることも考えなければならず、真似をすれば良いというわけではなさそうです。

コンテンツは消費者といっしょに作る時代

SNSの普及に伴い消費者の口コミ、いわゆるバズが発生したらメーカー側も積極的に便乗するケースも多いです。

最近では、
・ラ王つけ麺魚介醤油を油そばにアレンジ
・どん兵衛10分

などメーカーの想定していなかった食べ方がインターネットやSNS上で広がり、最終的には日清がWebサイト上で新しいレシピとして紹介するまでになりました。

つけ麺アレンジ
10分どん兵衛

メーカーと消費者のコミュニケーションが活発になって、マーケティングミックスにおけるPromotionとCommunicationが相乗効果を生んでいます。

今回はカップ麺のユニークな商品に注目しました。ブランドの歴史があればこそできることで、歴史があるからこそ新しい試みが必要だと思わされます。こうしたユニークな商品は、それ自体がSNSで拡散されやすく広告的な意味合いも持つため、ますます増えていくことでしょう。

関連記事

チームブランディングのススメ 組織を強くしブランドを伝える

いかなる企業においても、課題のない企業はないでしょう。 「従業員が自ら進んで仕事をしてくれない」 「職場の連帯感が薄い」 「社内のコミュニケーションが足りない」 「顧客に対し自社の価値をうまく伝えられ …

スマホを持つ女性

デジタルマーケティングの鍵となる「YWN」とは

デジタルマーケティングの時代、ネット上で自社の製品やサービスを力強くリコメンドしてくれるインフルエンサーの重要性はますます増しています。仮に自社の製品のボリュームゾーンが中高年層であっても男性層であっ …

手紙を持った男

DMマーケティングの鍵になる「オファー」のパーソナライズ

紙メディアの中でも健闘しているダイレクトメール(DM)。マーケターからも評価の高いDMの効果について考えてみましょう。 紙メディアの中でも健闘しているDM 広告における紙メディアの退潮が続いています。 …

景気後退時のブランド戦略 企業の未来を守る経営戦略とは

アベノミクスによる景気拡大が続いてきた日本経済ですが、再び暗雲が立ち込める事態が発生してきています。 景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修正される」 景気動向指数の基調判断が、およそ6年ぶりに「 …

下町ロケット2の世界は実現するのか IT×農業(スマート農業)による 農業での働き方改革

中小製造業メーカーを舞台にした下町ロケットは、根強い人気を誇っています。2018年~2019年にかけての放送でも、高い視聴率をキープしました。この作品の中で話題となったのが、農業のハイテク化です。今回 …

サイト内検索