セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

ジャパンサーチ 知的資源を一括検索できるサイト

投稿日:2019年2月22日 更新日:

政府が、全国の図書館や博物館などで所蔵する資料を一括検索できるポータルサイト、「ジャパンサーチ」の構築に乗り出す。国立国会図書館や国立公文書館など10機関がデータを提供し、一般向けの試験公開を近く始める。

開始時のデータ数は、千数百万件に上る見通しだ。2020年の本格運用を目指すという。

各機関は、現在も独自にデータベースを運用している。新サイトは、これらを連結し、所蔵品目録や保管場所などの情報を横断的に検索できるようにする。

利用者は、各データベースをそれぞれ検索する手間が省ける。
(中略)
埋もれていた史料の発掘を過去の災害研究に役立て、防災対策につなげる。地域の美術品や文化財の情報をまとめて取得し、観光資源の開発に生かす。こうした活用例を増やしていきたい。

(読売新聞 2019/2/17
ジャパンサーチ 知的資源の有効活用進めたい)

ブランドを構築する際にまず取り掛かることの一つは、既存の資源を洗い出すことだ。このようなデータベースが整備されることは、現状把握において有益だ。

特に地域ブランドを考える場合は、その土地にある有形・無形の資源を把握することが大切だ。少人数のプロジェクトメンバーや、地域住民からのヒアリングで得られた情報には多くの気付きがあることは確かだ。しかし正確性を確保するには、その情報の裏付けが必要になる。巨大なデータベースを容易に検索できるようになれば、地域住民自身も忘れていた、意外な地域資源の発見にもつながるだろう。

 

能藤 久幸(のとう ひさゆき)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 ディレクター・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

オーディオ御三家ブランドの盛衰 パイオニア上場廃止

パイオニアは27日、東京証券取引所第1部で取引される株式が上場廃止となった。1938年に創業して約80年。老舗の音響機器メーカーとして多くの人々に親しまれたが、2000年代に入って経営が悪化し、株式市 …

脱・絶叫系? 新アトラクションから見える富士急ハイランドの青写真

画像引用:富士急ハイランド 富士急ハイランドが、 暗闇の恐怖を体感するダークライドアトラクション「無限廃坑(むげんはいこう)」を2019年3月23日(土)にオープンする。 「無限廃坑」の舞台となるのは …

悲願の東京直通を果たした相鉄線が目論む沿線ブランディング

相鉄線海老名駅とJR新宿駅を結ぶ相鉄・JR直通線が三十日に開業するのを前に、相模鉄道(横浜市西区)は七日、報道陣と、インターネットで情報発信をしている沿線住民向けに初めての試乗会を行った。 関係者を乗 …

大手コンビニの相次ぐ「駅ナカ化」の背景 ブランド認知度向上作戦

駅ナカに“日本最小級”のローソンが続々とできている。いわゆる“駅ナカコンビニ”だけでなく、駅のホーム上や改札付近にも小さな店舗ができているのだ。最も小さな店舗は売り場面積が約6.6平方メートルで、“日 …

全県民に「翔んで埼玉」鑑賞を 大ヒット映画、映画館のない秩父で特別上映会 23日、東映の協力で開催

秩父市は8日、同市熊木町の秩父宮記念市民会館大ホールフォレスタで23日午後2時から、全国で異例の大ヒットを記録している映画「翔(と)んで埼玉」の特別上映会(東映主催)を開催すると発表した。現在公開中の …

サイト内検索