セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

ロゴマークはスマホで自作する時代?

投稿日:2019年9月6日 更新日:

起業、新規事業、副業(複業)——。

働き方や稼ぎ方、生き方が一様でなくなってくる時代だからこそ、所属する起業以外の名刺やロゴが必要な機会は増えている。

プロトタイピング的に新しいサービスをつくってみた、なんてときにも「ロゴ」があるとサービスのリアリティが増すし、Twitterやインスタグラム用のネタアイコンを作りたい、といった用途もある。

カナダのECプラットフォーム大手・Shopifyが提供する無料のロゴ作成ツール「Logo Maker | Hatchful」は、カンタンにロゴが半自動生成できて、カスタマイズもできるツールという点でかなり「使える」サービスだ。

BUSINESS INSIDER 2019/8/26
思いつき20秒でロゴ作成。
Shopifyの無料ロゴ作成アプリ「Hatchful」が便利だった話

一家にひとつ「家紋」があるように、これからは一人にひとつ「ロゴマーク」を持つ時代が訪れるのだろうか?

iOS、Android向けに新たにリリースされた「hatchful」は、ほんの数分で自分だけのロゴマークがつくれるスマホアプリ。通常、デザインアプリといえば、描いたり、切り抜いたりといった技術・センスを必要としていたが、「hatchful」では自分の「提供するサービス」や「大切にするブランド価値」といった項目から自分の好みの選択肢を選ぶだけでデザインとしてアウトプットされる。いわば“ロゴ・ジェネレーター”ともいえる簡単さが最大の特長だ。

これまでロゴマークの作成はデザイナーなどの専門家に頼らざるを得なかっただけにこれはちょっとしたブレークスルーと言えるかもしれない。

世はSNS全盛の時代。パーソナルブランディングの第一歩としてスマホで自分のロゴマークを作ってみるのもいいだろう。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

「五輪」商標登録 オリンピックのブランド保護

国際オリンピック委員会(IOC)が、オリンピックを意味する日本語の「五輪」について特許庁に商標登録を出願し、認められたことが21日までに分かった。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、公式スポンサ …

ベタなネーミングはヒットの予感 携帯用歯みがきセット「MIGACOT(ミガコット)」

ライオン株式会社が2020年4月1日、携帯用歯みがきセット「MIGACOT(ミガコット)」を発売しました。ケースのキャップがうがいのコップになっていたり、ケースに通気口が付いていて衛生的だったりと機能 …

鳥取の魅力を伝えるイベント。新宿のビームスジャパンで開催

国内外の衣料や雑貨を扱うセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」が、民工芸品の展示販売を通じて鳥取県の魅力を発信するイベント「BEAMS EYE TOTTORI(ビームス アイ トットリ)」を東京都 …

「丹後ちりめん」が挑む、固定化されたイメージからの脱却

京都北部に位置する宮津市と京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町からなる丹後地域は、2017年から地域ブランディングに取り組んでいる。高級絹織物「丹後ちりめん」をはじめ、織物の技術や文化、歴史など、地域 …

犬山市がフリースピーチ制度を導入 米国流のアプローチで地域創生

なり手不足や投票率の低下など数々の課題に直面する地方議会。そうした現状に風穴を開ける取り組みが愛知県犬山市議会で進んでいる。ガラガラだった傍聴席が埋まり、16年間放置されていた市環境基本計画の改定にも …

サイト内検索