セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

京アニ放火の衝撃

投稿日:2019年7月26日 更新日:

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた放火事件を受け、海外でも犠牲者を悼み、支援する動きが出ている。米アニメ配給会社「センタイフィルムワークス」は、支援金を募るためにインターネットのクラウドファンディングを開始。18日夜(日本時間19日朝)現在で目標額の75万ドルを大きく上回り100万ドル(約1億700万円)を超えた。

(中略)

「けいおん!」などの京アニの作品は海外でも高い評価を受けてきた。ビリビリ動画のサイト上でも「私は京アニの作品を見て育った」「才能あふれるクリエーターの命が奪われてしまった」「彼らは良心でアニメを制作してきた。なぜこのような苦痛にあわなければならないのか」などのコメントが寄せられている。

毎日新聞 2019/7/19
京アニ放火 海外からも支援の動き 米配給会社が支援金、中国動画サイトも追悼

「京アニ」の呼び名で親しまれているアニメ制作会社「京都アニメーション」は、18日午前侵入者により放火され、50名以上が死傷した。国内のみならず海外のメディアもこぞって事件を報道し、19日には国連のグテーレス事務総長も声明を発表したほどだ。

京アニ放火、国連事務総長が哀悼の意 「深い悲しみ」

https://www.asahi.com/articles/ASM7M72L1M7MUHBI03D.html

朝日新聞デジタル 2019/7/19

また、支援の動きがさまざまな形で広がっている。毎日新聞の記事のように直接支援金を募るものもあれば、一方では京アニ作品を購入することで支援につなげようという動きもある。

京アニに支援の輪広がる ファンの間では高画質静止画のダウンロード購入呼びかける動き

https://blogos.com/article/392286/

BLOGOS 2019/7/19

「ジャパニメーション」という言葉があるほどに日本製アニメは海外でも有名だ。今回の事件の影響の大きさは、そのままジャパニメーションのブランド力の大きさをも物語っている。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

日本の老舗SNS企業による、次世代ビジネスモデル確立への苦闘

「『モンスターストライク』(モンスト)を再起させる」――ミクシィの木村弘毅社長は5月10日、決算説明会でそう話した。同社の2019年3月期(18年4月~19年3月)通期連結業績は、売上高が1440億円 …

投票日は臨時休業。環境企業の先駆者・パタゴニアのビジョン

アウトドア衣料品メーカー「パタゴニア」の日本支社(横浜市)は、参院選の投開票日の21日、全国22の直営店すべてを臨時休業にする。投票へ行くよう従業員に促すとともに、顧客にも選挙について考えてもらうのが …

「BALMUDA(バルミューダ)」がつくる新しい家電のカタチ

高級トースター「ザ・トースター」など、個性的でデザイン性の高い白物家電を次々に発表する家電メーカーとして、量販店の家電売り場でも一目置かれる存在になったバルミューダ。 積極的な海外展開を進めた結果、い …

Amazonが生鮮食品を強化、「男性ウケ」から「女性ウケ」へ

アマゾンジャパンは5月30日、「Amazonプライム」会員向けの即時配送サービス「Amazon Prime Now」で、スーパーマーケット「ライフ」の生鮮食品や総菜を取り扱うと発表した。年内に都内の一 …

外国発飲食企業の、日本での自立戦略

クリスピー・クリーム・ドーナツ(以下:KKD)は6月5日、フルーツやスーパーフードと組み合わせた「フルーツ ヨーグルト ブラン」「ジンジャー レモン ブラン」「糀 オールドファッション」(各税別230 …

サイト内検索