セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

「ちょっと北欧まで」。週末はフィンランドで過ごす時代?

投稿日:2019年6月27日 更新日:

ムーミンやサウナで知られるフィンランドは、約9時間半で行ける「日本から一番近いヨーロッパ」だ。フィンエアーが始めた深夜便は、早朝にヘルシンキに到着するため、無駄なく時間を活用できるのが売りだ。10月26日までの期間運航で、月木土の週3便。水曜の深夜に出発して日曜夕方に帰国すれば、土日と合わせて平日に2日休むだけでフィンランドに行ける。深夜便は関空発のみだが、帰国便は午前8~9時に成田、名古屋、福岡に到着する便が選べる。フィンエアー大阪支店旅客営業部クライアントマネジャーの北野憲さん(38)は、「1カ月運航して、観光客の利用が多かった。日程が限られている出張にも活用してもらえるのではないか」と期待する。

毎日新聞 2019/6/6
「週末はフィンランドでサウナ」 深夜便に旅行会社も熱視線

“ヨーロッパへの近道”とは、かねてよりフィンエアーが掲げていた文言だが、今回同社が発表した関空深夜便のインパクトは、それをさらにアップデートするインパクトがある。なにせ日本とヨーロッパを9時間半でつないでしまうのだから。

フィンエアーといえば1980年代末から、東京とヘルシンキをシベリア航路という最短ルートでつなぐ利便性を前面に押し出したブランド・コミュニケーションを図ってきたが、最近では日本でも女性を中心に人気のフィンランドのファッション&ライフスタイルブランド「マリメッコ」を機内インテリアに採用するなど、単に利便性だけに依存しない総合的なブランディングに注力している。

北欧ブームの追い風も受けたフィンエアーの躍進により、日本人にとってのヨーロッパの玄関口がヘルシンキとなる日もそう遠くないのかもしれない。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ギャル文化消滅? セシルマクビー、“脱ギャル服”路線に転じる

「セシルマクビー(CECIL McBEE)」が2019年秋冬シーズンにリブランディングする。新たなコンセプトに「今の私にちょうどいい」を掲げ、トレンドを取り入れながら等身大の女性たちに共感してもらえる …

100万人都市が取り組む、新しい街のイメージ

(前略) スポーツは単なる体育の延長ではなく、経済の活性化、環境改善、観光の魅力向上、文化の醸成につながる力を持っていると話し、「スポーツの力」を活用したさいたま市のコミュニティの再生にも期待を寄せる …

NGT48の騒動が示唆する、ブランドの「事業継続計画」の必要性

JR東日本新潟支社は28日、広告に起用しているアイドルグループ「NGT48」との契約を、3月末の契約期限以降は、更新するかどうか保留すると明らかにした。メンバー山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事 …

山陽新聞が「ご当地スマホゲーム」をリリース。 岡山の救世主になるか?

晴れの国をモチーフにした小鬼に、ジャージー牛の鬼など、プレーヤーが桃太郎の代わりになって各地に散らばった鬼を封印するゲーム、「桃太郎外伝 鬼詣(おにもうで)岡山見聞録」が17日に配信されました。 ゲー …

外国発飲食企業の、日本での自立戦略

クリスピー・クリーム・ドーナツ(以下:KKD)は6月5日、フルーツやスーパーフードと組み合わせた「フルーツ ヨーグルト ブラン」「ジンジャー レモン ブラン」「糀 オールドファッション」(各税別230 …

サイト内検索