セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

ムーミン×テーマ―パークのポテンシャル

投稿日:2019年5月15日 更新日:

3月16日、ムーミン物語(埼玉県飯能市)が運営する「ムーミンバレーパーク」が埼玉県飯能市にオープン。春休みに入り、家族連れやムーミンファン、インバウンド客など大勢の観光客が押しかけている。

同パークは、飯能市が地方創生の起爆剤として誘致したレジャー施設「メッツァ」内にある。メッツァは、北欧を感じさせるような自然の連携をコンセプトとしたテーマパークだ。2018年11月に飲食・物販の店舗が並ぶ「メッツァビレッジ」が先行オープンしており、今回のムーミンバレーパークの開業で全エリアがそろった。メッツァの総事業費は150億円。年間100万人の来場を見込んでいる。

新・公民最前線 2019/4/10
ムーミンバレーパークが開業、飯能市が「ムーミンの聖地」に

数多のキャラクタービジネスのなかで「ムーミン」の立ち位置はその物語世界の成り立ちからして独特だ。ディズニーと同じく動物(らしき存在)を擬人化したファンタジーでありながら、ストーリーは大人の観賞にも耐えうる哲学的な示唆に富み、画面からは北欧らしいウッディでアットホームな温もりがにじみ出る多くのキャラクターが子どもたちを虜にする“かわいらしさ”という価値を売りにするのとは異なり、老若男女に愛されるのはこの多様性によるものだろう。

2019年3月に埼玉県飯能市にオープンした「ムーミンバレーパーク」はそんなムーミンの世界をモチーフにしたテーマパークだ。とはいえ、派手なアトラクション類はなく、その多くはムーミンの世界の再現せんとする静的なもの。漫画の世界同様に一風変わったこの施設がどのように受け容れられていくのか興味深い。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

大盛況のレモンサワーフェスティバル 地域ブランディングにも貢献か

2019年4月5日(金)〜6日(土)の2日間、新宿中央公園にて「レモンサワーフェスティバル2019 in東京」が開催されました! 「レモンサワーフェスティバル」は、昨年2018年にも全国8会場で累計7 …

福岡のリゾート地「糸島」は全国ブランドになるか?

糸島の冬の味覚として人気を集めている「糸島カキ」が、特許庁の「地域団体商標」に登録された。糸島漁協が統一ブランドとして売り込もうと2年前に申請した。登録を機に品質を高めて全国にPRするため、今秋のシー …

スタバがまたも新店舗オープン 経営理念に基づく多店舗展開

スターバックス コーヒー ジャパンは3月20日、京都市中京区に、若いアーティストの80点以上のアート作品に囲まれながらコーヒーを楽しめる「スターバックス コーヒー 京都BAL店」をオープンした。 (中 …

ベタなネーミングはヒットの予感 携帯用歯みがきセット「MIGACOT(ミガコット)」

ライオン株式会社が2020年4月1日、携帯用歯みがきセット「MIGACOT(ミガコット)」を発売しました。ケースのキャップがうがいのコップになっていたり、ケースに通気口が付いていて衛生的だったりと機能 …

訪日中国人を呼び戻す サンドラッグ銀座一等地の進出!

東京・銀座中央通りには、数多くの高級ブランド店や複合商業施設「GINZA SIX」が店を構える。この地に、東京西部を地盤とするドラッグストア大手のサンドラッグが「サンドラッグ銀座6丁目店」を1月19日 …

サイト内検索