セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

富士フイルムが世に放つ「1億画素デジカメ」のインパクト

投稿日:2019年6月26日 更新日:

5月23日に富士フイルムが新製品となるデジタルカメラ「GFX100」を6月28日に発売すると発表したのだが、そのお値段が、なんと税抜きで122万5000円也。ミラーレスデジタルカメラは、高級化の一途をたどるばかりだ。

(中略)

デジタル一眼市場では、そうした高級ミラーレスカメラが続々と登場しており、昨年からは最大手のキヤノンやニコンも参入。価格は「GFX100」には及ばないが、20万~40万円台と、初心者やアマチュアには少々手を出しにくい状況となっている。

Asagei Biz 2019/6/4
富士フイルムは122万円!?ミラーレスカメラが高級化の一途の理由

どんなに高額でもそれに見合う価値を見出す消費者がいる限り、その価格は決して高すぎない、ということだろうか。

富士フイルムが発表したGFX 100は、コンシューマー向けデジタルカメラとしては、史上最高の画素数である1億画素を誇るモンスターマシン。破格のスペックに比例するように価格も122万円と前代未聞だが、それでも一部のユーザーにとっては“十分手が出せる”商品なのだろう。

スマートフォンの登場以降、縮小傾向のデジカメ市場だが、一方でターゲットが明確になったことにより、このような尖った新製品がリリースできることになったとも言える。

センセーショナルなニュースは、キャノン、ニコンの後塵を拝する富士フイルムのブランディングにおいて大きなインパクトを持つだろう。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ロングセラーの地位は、思い起こしのアピール?

ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出しているのは、うまい棒ほかスナック菓子の …

日本の伝統食の、プレミアムブランドへの昇華

ハナマルキから、「透きとおった甘酒 premium」のオリジナルカクテル4種類が、2019年6月1日(土)~2020年5月31日(日)に、ウェスティンホテル東京にて、期間限定で発売になります。 「透き …

「ちょっと北欧まで」。週末はフィンランドで過ごす時代?

ムーミンやサウナで知られるフィンランドは、約9時間半で行ける「日本から一番近いヨーロッパ」だ。フィンエアーが始めた深夜便は、早朝にヘルシンキに到着するため、無駄なく時間を活用できるのが売りだ。10月2 …

スーパー総選挙3連覇「オーケー」。その“看板”はファンによって磨かれる

「あなたにとって最高のスーパーはどのお店ですか?」 TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「スーパー総選挙」。今年で第3回を迎えた。リスナーイチオシのスーパーをメールとHP …

“脱モテ路線”へ舵を切るサマンサタバサ。その背景とは?

2019-20年秋冬からリブランディングを開始した 「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」は、最新の広告ビジュアルを発表した。 (中略) 19年秋の第1弾のビジュアルでは、“ネオ マス …

サイト内検索