セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Case Study

MINIがロゴ一新! 伝統思考? 未来志向?

投稿日:2018年5月9日 更新日:

MINIのロゴ

BMW傘下のMINIが2018年3月、ロゴを18年ぶりに変更しました。「フラットデザイン」というデザイン様式を採用したロゴには、どんな思いが込められているのでしょうか。考察してみました。

「フラットデザイン」に込めた思い

1959年に英国車として登場、ザ・ビートルズのメンバーらセレブリティにも愛され、1994年にドイツBMWの傘下になってからも、根強い人気を誇る自動車MINI。そのMINIが2018年3月、ロゴを18年ぶりに変更しました。ボンネットやステアリング、ホイールの中央、リモコンキーなど各所に配されます。

「MINI」の大文字を円で囲み、両翼を付けたお馴染みのモチーフはそのままですが、ブラックとグレーの陰影が付いた立体的なロゴに代わり、「フラットデザイン」と呼ばれる平面的なデザインのロゴになりました。
旧ロゴは「ドライブの楽しみ、独特のスタイル、プレミアムな品質」を表象した世界的にも親しまれたロゴでした。BMWはそれをあえて一新したのです。

BMWは新ロゴについて伝統思考(Tradition-conscious)と未来志向(Future-oriented)の両方を表現したと述べています。伝統思考、かつ未来志向。確かにロゴのモチーフが1959年のロゴを起源としている点で伝統的ですし、近年のWindows PCやiPhoneのユーザーインターフェイスにも使われているフラットデザインは、とても近未来的な印象を与えます。

SF映画のような未来像

MINI_VISION_NEXT_100

ヒントはBMWが2016年に100周年を迎えたのを機に掲げられたビジョン「MINI VISION NEXT 100」にあるように思えます。MINIの次の100年を見越したビジョンには、「未来志向」が詰まっています。

例えば「シェアリング・エコノミー」のコンセプト。1台のMINIをみんなで共有(シェア)する世界。ドライバーが降りた後は次のドライバーのところへ自動運転で移動し、清掃と充電を行います。そして次のドライバーに合わせて見た目も使い心地もカスタマイズされます。まるでSF映画のようですね。

このような世界が実現するのは10年後、あるいはそれ以降かもしれませんが、MINIは確実に未来のモビリティ社会に向けて動き始めています。その象徴として、新しいロゴが生まれたのかもしれません。

「乗り心地」というコンセプトを守る

MINI

では、MINIが守りたい伝統とは何でしょうか。一番はMINI独特の乗り心地「ゴーカートフィーリング」です。

ゴーカートフィーリングとは名前の通り、遊園地などで楽しめるあのゴーカートのような、キビキビとした、スピード感を感じさせる乗り心地のことです。MINIは伝統的に、この「ゴーカートフィーリング」を守り続けてきました。

そして「MINI VISION NEXT 100」においても、ゴーカートフィーリングをうたっています。むしろ、フロントを透明にするなどして、よりスピード感を感じさせる乗り心地を追求しているのです。

伝統を未来において追求すること

長い歴史を持つブランドは、必ずと言っていいほど、守るべきものと変えていくべきもの、「伝統意識」と「未来志向」の兼ね合いの問題に直面します。

しかしMINIの事例を見ると、「伝統思考」と「未来志向」は矛盾するものではないことがわかります。伝統として受け継がれたコンセプトを未来においても追求することが、ブランドを維持する秘訣なのではないでしょうか。

関連記事

ふるさと納税による地域ブランディング ーフレーム「ブランド・アイデンティティ・プリズム 」からの考察【後編】

前編では、ふるさと納税No.1となった都城市のブランディング戦略と、それを牽引する存在である霧島地域について分析してみました。 後編では、都城市でブランディング戦略の成功可能性が高い、高千穂地域のブラ …

大塚家具のお家騒動をブランドの観点から読み解く

昨今世間を賑わせている大塚家具のお家騒動。先日の株主総会では、株主は久美子社長を支持し、取りあえず一件落着となりました。今回は、このお家騒動を「ブランド」の切り口から見てみたいと思います。 大塚家具の …

コンビニ“ローソン”が繰り広げる新しいブランド連想 ―カフェと書店とステイホーム【後編】

  ローソンが、今後は本屋携帯のコンビニエンスストアを展開していく予定であることと、その背景について前編にて解説を行いました。 後編では、ローソンが本屋を展開するにあたり、他の競合企業よりも …

獺祭にみる、ブランド危機管理の重要性 企業を救う、守りのブランディング方法を検討する

日本を代表する日本酒銘柄の一つ、「獺祭」で製造に伴うトラブルが発生しましたが、その対応の見事さついて、話題となりました。 「獺祭」26万本を自主回収へ アルコール度数違い発覚 https://www. …

ブランドコンテンツとコラボレーション  ―「美少女戦士セーラームーン」を事例として 【後編】

引用:PR TIMES 2021年3月1日 (C)武内直子・PNP・東映アニメーション 今年で25周年を迎えた、「美少女戦士セーラームーン」のコンテンツを用いたコラボレーション企画が各所で目白押しとな …

サイト内検索