セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Case Study

ブランドリニューアルの難しさを考察 アサヒスーパードライのブランドリニューアル【前編】

投稿日:2022年4月28日 更新日:

発売から30年を超えるロングセラー商品が、初の全面リニューアルを行うことになりました。

アサヒ、スーパードライをフルリニューアル 36年目で初

アサヒビールは1月6日、主力ブランドである「アサヒスーパードライ」を2月中旬以降の製造分からフルリニューアルすると発表した。同商品のフルリニューアルは、1987年の発売以降初めての試み。中身やパッケージ、コミュニケーションを同時に刷新し他社商品との差別化を図る。

今回のフルリニューアルでは、スーパードライの特長である“辛口”のコンセプトはそのままに、発売以来初めて中身の処方を変更。“キレのよさ”は維持しながら“飲みごたえ”を向上させたという。

煮沸の終了直前にホップを投入するレイトホッピング製法による“ほのかなホップの香り”を新たに付与しつつ、発酵開始時の酸素量を制御し、酵母の働きを調整。“発酵由来のビールらしい香り”を向上させたと説明する。

パッケージは、従来品よりもシンプルで洗練させたデザインを採用。「Asahi」と「SUPER“DRY”」ロゴの視認性を向上させた。

また、缶体裏面には“新スーパードライ、始まる。”というメッセージと味の特長を視覚的に表現した“辛口カーブ”をデザインしている。

プロモーションでは、同社史上最大規模の広告投資を実施する。茨城工場内にある「スーパードライ ミュージアム」の疑似体験ができる移動式のコンセプトカーや、発売翌年の1988年以来となる飛行船「新スーパードライ号」による広告展開を通じて話題喚起と飲用喚起を図る。

(2022年1月6日 IT mediaビジネス ONLiNE 配信記事)
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2201/06/news090.html
(写真:アサヒビール)

スーパードライのヒットの軌跡と逸話は、よく知られているところです。

キリンビール社がビール業界でシェアの大半を占める1980年代において、アサヒビール社は長年ヒット商品が出せずに「ユウヒビール」と揶揄されるほどに業績が低迷し、銀行からの人材支援を仰いでいる状況でした。実際に、この時期は企業として存続できない可能性があるほど、経営状態は厳しい状況だったと言われています。

そんな追い詰められた状況下で生み出された奇跡の商品である、アサヒスーパードライ。

この超大ヒット商品によってアサヒビール社は息を吹き返し、更にはビール業界で絶対王者のキリンビール社を抜いてトップシェアを獲得しました。

いわば、アサヒスーパードライはアサヒビール社のブランドシンボルのような存在であり、記念碑的な商品です。

そのアサヒスーパードライをフルリニューアルする訳ですから、アサヒスーパードライというプロダクトブランドだけでなくアサヒビール社というコーポレートブランドにも大きく影響を与えます。アサヒビール社としても社運をかけた挑戦となることでしょう。

 > 続きを読む 

関連記事

メルカリのブランド拡張によるシナジー効果を考察  ーメルペイが狙うBNPL市場 そのブランド戦略と狙い【後編】

前編では、メルカリ社の事業ブランドのPPMについて検討してみました。後編では、別の観点で内容を確認していきたいと思います。 メルカリの事業領域について、別のフレームワークで検証してみます。整理に用いる …

走る男

製造業からサービス業へ~トッパン・フォームズとプロネクサスに学ぶ~

今回は印刷業界のトッパン・フォームズとプロネクサスの2社の事例から、「製造業」から「サービス業」への転換のあり方を考えてみます。 印刷付帯サービスを取り込んだ2社 「製品からサービスへ」と唱えられて久 …

中小企業にチャンス到来!女性活躍推進法を活かしたコーポレート・ブランド戦略 ー採用ブランディングにも欠かせないESG/SDGsを活かしたサスティナブル経営【前編】

女性の社会進出は既に当たり前の時代となりましたが、2022年4月からは、公的にもその傾向を後押しすることになりそうです。 全面施行から5年の女性活躍推進法 中小企業への適用拡大でどう変わる? 2022 …

【特別寄稿】『ミッキーの家』に11時間待ち?!

東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミート・ミッキー」で11時間待ちという驚きの記録が生まれたそうですね。 キャラクターが生まれて90周年という記念すべき日ではありましたが、特別のイベントもなく、平 …

ふるさと納税による地域ブランディング ーフレーム「ブランド・アイデンティティ・プリズム 」からの考察【後編】

前編では、ふるさと納税No.1となった都城市のブランディング戦略と、それを牽引する存在である霧島地域について分析してみました。 後編では、都城市でブランディング戦略の成功可能性が高い、高千穂地域のブラ …

サイト内検索