セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Case Study

コンビニ“ローソン”が繰り広げる新しいブランド連想 ―カフェと書店とステイホーム【後編】

投稿日:

 

ローソンが、今後は本屋携帯のコンビニエンスストアを展開していく予定であることと、その背景について前編にて解説を行いました。
後編では、ローソンが本屋を展開するにあたり、他の競合企業よりも有利な点について解説していきたいと思います。

本屋との相性が良い業態とは、何でしょうか?

東京の神保町は、本屋が沢山あります。
この地域を散策すると、古書から新刊本まで非常に沢山の本を購入することが可能です。

そんな神保町で欠かせないお店が、カフェや喫茶店です。
老舗の喫茶店から、チェーンストア系のカフェ、個性的な個人店のカフェまで、幅広いお店がこの地域には集合しています。

最近ではブックカフェとして、本屋とカフェが併設された店舗も多くなっています。それらのお店は人気店も多く、需要も高いようです。

そんな訳で、元々、本屋とカフェは相性がいいんですね。

 

ところでローソンを代表する人気商品は、何でしょうか?
それは、「ウチカフェ」(Uchi Café)シリーズのコンビニスイーツです。

 

(参照:株式会社ローソンウェブサイト)

 

実際に、インターネットでのアンケート調査でも、ローソンはコンビニスイーツとしての高い知名度と印象を誇っています。

【ローソン・セブン・ファミマなど】スイーツが一番おいしいと思う「コンビニ」はどこ?

(ねとらぼ調査隊 ホームページ 2021年6月10日配信記事)
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/237485/vote_result/

 

つまり、

LAWSON = ウチカフェ = 本屋

という公式が成立しやすくなるという、好循環のブランド連想が行われやすくなっているのです。
この状況を3C分析で整理してみると、下記のようになります。

 

 

食品購入が目的の顧客が多いため、主な競合企業は他のコンビニエンスストアや、「ウチカフェ」で競合となるカフェチェーンです。
競合企業に対する差別化としては、前述の通り顧客支持の高いスイーツが、年中無休で24時間購入できることでしょう。

カフェチェーンのメニューでも最近はスイーツが非常に充実してきましたが、手軽にいつでも購入できるというのは、コンビニスイーツの最大の利点です。

また昨今の社会情勢を鑑みると、店内飲食が難しく、テレワークやステイホームなどによりテイクアウトが購入の選択肢になっていることを考えると、なおさらテイクアウトが主体である「ウチカフェ」の利点が上がってくることになります。

そのため、ローソンの打ち手としては

・「ウチカフェ」ブランドを活かせる商材を拡販する
・テイクアウトやステイホーム需要に対応できる商材カテゴリを拡充する

ということになります。

 

これらを踏まえて、今回の本屋展開を図る店舗について改めて3C分析を行うと、下記のようになりました。

 

通常店舗と異なり、書籍を拡充することで客単価を上げることが可能になっています。

 > 続きを読む 

関連記事

経営戦略を具現化するブランドビジョンの意義  ーセブン&アイ・ホールディングスの中期経営計画を考察【後編】

前編では、下記の図のような一般的な経営の流れについて、ステップ1・2の検証をしてきました。今回はその後編です。 経営計画を立てた後、企業は経営計画を実現するため方法を模索して検討します。これが、経営戦 …

ローカル線は廃線の道を辿るしかないのか?銚子鉄道から学ぶ、弱者の生き残りマーケティング戦略

地域経済の足となってきたローカル線ですが、一時的なローカル線ブームも落ち着き、人口減少に伴う利用者不足の影響により、廃線となる路線が再び増えてきています。 石勝線夕張支線が126年と5か月の歴史に幕… …

瞬足

子どもの2人に1人が履く「瞬足」ブランド誕生への道

今回は、国内シューズメーカーであるアキレス株式会社が2003年から発売を開始し、現在では子どもの2人に1人が履く驚異のブランドへと成長を遂げた「瞬足」の開発経緯を紹介します。 開発メンバー全員が共有で …

瀕死のコロナ禍エンターテインメントビジネスの活路とは  ― ディズニーランドの生き残り戦略 【前編】

世界中に感染症問題が勃発してから、既に1年以上が経過しました。この間に社会様式が変貌し、経済的にも予想外の変貌を各社にもたらしています。 一部の国や地域ではワクチンの接種が開始されたものの、感染症問題 …

瀕死のコロナ禍エンターテインメントビジネスの活路とは  ― ディズニーランドの生き残り戦略 【後編】

前編では、オリエンタルランドのビジネスモデルの利益構造について、分析をしてみました。 後編では、今後のオリエンタルランドのブランド戦略について検討していきます。 今回使用するフレームワークは、BCGの …

サイト内検索