セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Branding Method

「日本の消費者に好まれているブランドランキング2017」をチェック!

投稿日:2017年9月13日 更新日:

アジア一の広告専門誌Campaign Asia-Pacificが実施している「アジアのトップ1000ブランド」において、日本人が最も良いと思うブランドTop100が発表されパナソニックが3年連続で1位に選ばれました。

ランキングは下記に基づいて決定されています。

ランキングの調査方法

「アジアのトップ1000ブランド」は、Campaign Asia-Pacificとニールセンがインターネットで共同調査を行い、そのデータ結果を集計したもの。対象となった市場は中国、インド、日本、インドネシア、香港、シンガポール、台湾、マレーシア、韓国、タイ、ベトナム、オーストラリア、フィリピン。調査対象者は中国が1200人、インド800人で、それ以外の市場は400人。

対象者は市場の人口比に合わせ、年齢・性別・毎月の世帯所得といった属性から抽出。14の主要なカテゴリーと73のサブカテゴリーで、次の2つの質問を行った。

1. 次のカテゴリーの中で、最も優れたブランドはどれだと思いますか? 「優れた」とは、ご自身が最も信頼できるブランド、あるいは最も評判が良いと思われるブランドを意味します。

2. 同じカテゴリーの中で、2番目に優れたブランドはどれだと思いますか?

日本のトップ10ブランド

1位 パナソニック
2位 アップル
3位 ソニー
4位 明治
5位 森永製菓
6位 資生堂
7位 サントリー
8位 東芝
9位 ビザ
10位 シャープ

パナソニックが3年連続で首位を獲得するなど、日本の企業が数多く並んでいます。このランキングでは、未だ海外の企業が首位に立ったことはないそうですが、パナソニックの後を追うアップルが、その地位を脅かしています。

11位以降のブランド

11位 ロッテ
12位 Nike
13位 日立
14位 Chanel
15位 花王
16位 日清
17位 canon
18位 ネスレ
19位 マイクロソフト
20位 コカ・コーラ

11位以降も広く知られているブランドがランクインしています。
このランキングは毎年実施されていますので、日本人がどのようなブランドに惹かれているのかだけでなく、ブランドが市場にどのような影響を受けているのかを定点観測することができます。

BRANDINGLABにおいても、まだ取り上げることができていないブランドが多くありますので、今後のコラムでご紹介していきたいと思います。

関連記事

自社の採用ブランドの問題点を特定する

採用ブランディングについて その3 現在の採用ブランドの問題点を知る 採用市場における自社のポジショニングと、採用競合企業が明確になれば、次に取り組むべきなのは、現在の「採用ブランド」の問題点を知るこ …

SNSマーケティングでブランドファンを獲得 ~ 事例をもとに伝統産業でもすぐできるAARRR(アー)戦略 ~

この度ご紹介したいのは戦略思考法の一つ「AARRR」というモデルです。マーケティングの目的でもある「顧客生涯価値」の獲得を時系列に考え、ブランド体験(価値)として設計する手法に近いものですが、こちらは …

ブランド・マネージャー

ブランド・マネージャーになるために大切な7つのこと

ブランドに関わる人なら、聞いたことのある人も多いブランド・マネージャーという役割。 ブランド・マネージャーとは、一言でいうとブランドの責任者です。ブランドに関わるマーケティング戦略、ブランディング戦略 …

pest分析

ニュースで見る!PEST分析とは!?

PEST分析とは、経営学者であるフィリップ・コトラーが提唱した環境分析のひとつです。それぞれ4つの環境の頭文字を組み合わせたもので、市場調査の基本的なフレームワークです。今回は、巷のニュースからPES …

ハンマーで破壊されたCD

デジタル・ディスラプターとどう戦うか

今回は、デジタル・ディスラプターがテーマです。市場を破壊するという意味を持つデジタル・ディスラプターですが、例を用いて説明すると、既存の音楽CDを駆逐するインターネット音楽配信(iTunesなど)のこ …

サイト内検索