セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

脱・絶叫系? 新アトラクションから見える富士急ハイランドの青写真

投稿日:2019年4月11日 更新日:

画像引用:富士急ハイランド

富士急ハイランドが、 暗闇の恐怖を体感するダークライドアトラクション「無限廃坑(むげんはいこう)」を2019年3月23日(土)にオープンする。

「無限廃坑」の舞台となるのは、深い闇がどこまでも続く“いわくつきの廃坑”。遠い昔、この地一帯を武田信玄が治めていた時代に掘られたというこの廃坑は、信玄の埋蔵金を狙う盗掘者たちによって数々の凄惨な事件が勃発。その為、長い間封鎖されていたと伝えられている。

体験者がこの不気味な廃坑を進んでいくためには、古びたトロッコに乗らなければならない。そしてヘッドホンを着け、両腕を拘束され身動きの取れない状態で、怨念渦巻く廃坑の奥深くへと送られていく。一寸先も見えない暗闇の奥に、体験者を待ち構えるものとは…。

ライブドアニュース
富士急ハイランド“暗闇の廃坑”をトロッコで進む新アトラクション「無限廃坑」

2018年に入場料を無料化したことで話題となった富士急ハイランド。ディズニーリゾートなどのライバルが値上げ路線をとる中で、あえて無料化を選んだ背景には少子高齢化による入場客の減少、という日本の社会構造の変化に根差した切実が問題がある。

富士急ハイランドといえば「高飛車」、「FUJIYAMA」などの“絶叫マシン”が有名だが、これらのメインターゲットは若者世代であり、ほとんどが「64歳まで」という年齢制限を設けている。2030年には国民の約3人に1人が65歳以上になるという統計を考えれば、伸びしろは見込めないと考えるのも当然だろう。

ニュースが伝える新アトラクションは、老若男女が楽しめる全年齢を対象としたもの。あえて脱・絶叫系に舵を切った富士急ハイランドの目論見ははたして吉と出るか、凶と出るか――。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ローカル起点のローカル商品が、ブランド化していくためのマーケティング戦略

エースコックから、「シュリンプヌードル」「カレーヌードル」「煮干しヌードル」が、2019年5月20日(月)より、東北エリア中心(スーパー、コンビニ等)で、リニューアル発売になります。 「シュリンプヌー …

犬山市がフリースピーチ制度を導入 米国流のアプローチで地域創生

なり手不足や投票率の低下など数々の課題に直面する地方議会。そうした現状に風穴を開ける取り組みが愛知県犬山市議会で進んでいる。ガラガラだった傍聴席が埋まり、16年間放置されていた市環境基本計画の改定にも …

タグラインは「小江戸」。関東二古都のブランド力

「お江戸見たけりゃ佐原へござれ」。江戸時代の戯れ歌にもうたわれた千葉県香取市の佐原地区は利根川の水運で発展し、街なかには江戸期から明治期に建てられた商家や民家が今も立ち並ぶ。街の中心部を流れる小野川の …

シティホテルの「ハーゲンダッツフェア」 親しみやすいハイエンドホテルへ

画像引用:https://www.hankyu-hotel.com 大阪・梅田にあるホテル阪急インターナショナル内のレストランとバー2店舗で、「ハーゲンダッツフェア第3弾」を実施。3回目の今企画のため …

キラキラネームの改名 名前の意義

(赤池肇氏のtwitterより) 「王子様(おうじさま)」と名付けられた山梨県の高校3年の男性(18)が、自らの名前は「恥ずかしい」として甲府家庭裁判所に改名を申し立てたところ、認められた。 新しい名 …

サイト内検索