セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

鳥取の魅力を伝えるイベント。新宿のビームスジャパンで開催

投稿日:2019年3月5日 更新日:

国内外の衣料や雑貨を扱うセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」が、民工芸品の展示販売を通じて鳥取県の魅力を発信するイベント「BEAMS EYE TOTTORI(ビームス アイ トットリ)」を東京都新宿区の店舗「BEAMS JAPAN」で開いている。(中略)昨年3月に続いて2回目。今回は県内で作られた陶器や木工品、弓浜絣(がすり)のバッグなど前回の倍以上の136品目が出品されている。

23日は、倉吉市の工芸品セレクトショップ「ココロストア」店主の田中信宏さん(35)が智頭町産ヤマザクラで作ったオリジナル包丁柄の注文を受け付け。「鳥取の民芸が若者向けに発信されてうれしい。作り手の励みにもなる」と語った。

2月24日 日本海新聞

「鳥取県の民芸品展示会」…それだけではマスへの訴求力に乏しいイベントに感じるが、セレクトショップの雄・BEAMSの手にかかれば、およそ民芸品とは縁遠そうな若者にも訴求する注目のイベントになる。

BEAMSが各地の自治体とコラボレーションして、その地域の文化や名産品をPR&販売する「BEAMS EYE」は、BEAMSが持つクリエイティブ力と情報発信力を地方のブランド力向上に活かそうとする取り組み。これまでに仙台、神戸、別府といった日本各地の自治体で採用されてきた。

一般的にブランディングといえば、もっぱら情報コミュニケーションを核とした取り組みに目が行きがちだが、本件のように特産品の販売を介することで、販売促進とセットでのアプローチも可能になる。ブランドの認知向上と販促をシームレスにつないだ好例だ。

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

無印良品のファミマ撤退に見る、ブランドイメージの変化とその影響

ファミリーマートの売り場から、無印良品の商品がなくなってしまうことになりました。無印良品を展開する良品計画によれば、2019年1月28日付でファミマへの無印良品の商品供給を終えたということです。現在フ …

甘い夜に、〆のパフェ

新橋駅から徒歩2分という便利な立地にある第一ホテル東京のカフェバー「トラックス」では、「〆のお茶パフェ」と題して、夜限定パフェを提供中です。和風グラノーラをベースにホイップや白玉、抹茶とほうじ茶のアイ …

不要時計で社会貢献 TiCTACが刻む、SDGs

腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」(チックタック)では、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)の活動に協力する「腕時計下取りキャンペーン」を今年も実施いたします。 環 …

音楽の名門メーカー 再建なるか オンキヨーのブランド活用による生き残り戦略

オンキヨー株式会社は、米Klipsch Group, Inc.(以下Klipsch)との業務提携拡大に向けた協議を行うことで基本合意したと発表した。 オンキヨーはKlipschブランド製品の国内販売代 …

夏バテ対策は、麺弁当? クックパッドが広げる、お弁当の世界

夏バテ気味の人にぴったりの「麵弁当」♪ 毎日暑くて夏バテしていませんか?夏バテ気味になると、普通のお米のごはんを食べるのは少ししんどくなりますね。家なら食べやすい麵ですませられるけれど、お弁当の場合は …

サイト内検索