セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

山陽新聞が「ご当地スマホゲーム」をリリース。 岡山の救世主になるか?

投稿日:2019年8月9日 更新日:

晴れの国をモチーフにした小鬼に、ジャージー牛の鬼など、プレーヤーが桃太郎の代わりになって各地に散らばった鬼を封印するゲーム、「桃太郎外伝 鬼詣(おにもうで)岡山見聞録」が17日に配信されました。

ゲームでは、鬼を封印するともらえるきびだんごを集めると、実際に岡山の名産品などと交換することができます。

(中略)

鬼は全部で112体。岡山県内に73カ所ある「鬼の砦」ではレアな鬼が出現します。鬼を見つけるとバトルが始まり、表示された漢字と同じ漢字を選択することでダメージを与えることができます。

(岡山市からー)
「かわいい。かわいくておしゃれです」
「面白そうな所は行ってみて、知るきっかけになるかもしれません」

KSB瀬戸内海放送 2019/7/17
県内各地に現れる「レア鬼」を探せ
新聞社がスマホ用ゲームアプリを開発 岡山

山陽新聞がリリースしたこのアプリは、GPSを用いて岡山県内の観光地を巡る、一種のスタンプラリーのようなゲームだ。県内の市町村や企業がタイアップすることで地域性を全面に出し、災害復興や観光振興を目指している。アプリを作った山陽新聞では10万ダウンロードを目標にしているという。

位置情報と連携するゲームの仕組み自体は「ポケモンGO」などとよく似ているが、桃太郎の昔話にちなんだ設定は独自性があるといえそうだ。ただ実際に、「観光客のニーズに合っているかどうか」はまだ何とも言い難いだろう。地方への観光客は、おそらくはゲームアプリをやりに来ているわけではないからだ。平成28年のデータで、岡山県の県内外からの観光客数は約1,700万人(※)というから、200人に1人くらいはダウンロードする計算になる。はたして10万ダウンロードという目標値は多いのか少ないのか。

とはいえ、リリース開始が2019年7月中旬とまだ日が浅い。「地域性 × アプリ」の一例として今後に注目していきたい。

※岡山県ホームページ 岡山県観光客動態調査(平成28年分)

観光客・その流れと傾向ー平成28年岡山県観光客動態調査報告書ー

http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/537224_pdf2.pdf

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

「はかま」のイメージ 小学校卒業式での着用に賛否両論

(前略)近年、小学校卒業式でのはかまの着用が議論を呼んでいる。 2011年ごろから各地の小学校で、卒業式に和装で参加する児童が増えはじめ、自治体や教育委員会が自粛を呼びかける動きも出ている。その理由は …

「マツダ地獄」は克服されたのか マツダの描くブランド化戦略

マツダは、新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-30」を10月24日に発売する。5月に投入した「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾。同社のSUVでは小型の「CX-3」と中型の「CX-5」との中間的な …

コラボレーション×コラボレーションの二乗のシナジー効果

BREWBASEとフリークスストアのコラボレーション企画が始動しています。 今回のコラボレーション企画では、オリジナルビール「FREAKS」が登場。 同商品は、アツい夏にぴったりの爽やかでドリンカブル …

サービス開始と同時に1000万人が加入。高まる「ディズニー+(プラス)」への期待感

ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」が11月12日、サービスを開始した。ディズニーによると既に1000万人が加入したという。 Disney +はサービス開始当日に、アクセスが殺到 …

ファーウェイ騒動の裏にある、米中企業ブランド力のパワーバランス

ファーウェイの胡厚崑・輪番会長は18日(※1)、一部外国メディアを集めて会見し、日米豪などが安全保障上の懸念を理由に同社製品を締め出したことに、「(懸念には)証拠がない」と反論した。同社が中国政府の影 …

サイト内検索