セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

フードデリバリー系強し。ブランド力は時代を映す鏡?

投稿日:2019年12月25日 更新日:

データ分析企業のモーニング・コンサルト(Morning Consult)は、2019年に急成長を遂げたブランドを調査し、12月5日(現地時間)にレポートを公開。Z世代、ミレニアル世代(1981年から1995年生まれ)、X世代(1965年から1980年生まれ)、ベビーブーマー世代(1946年から1964年生まれ)の各世代が、「購入を検討する機会が大幅に増加」した企業を明らかにした。

レポートによると、上位20企業のうち飲食産業が11企業を占め、これらがすべての年代で優位に立っている。スタートアップのドアダッシュ(DoorDash)が2年連続トップとなった一方、レガシーブランドも若い購買層の関心を集めるようになった。

ビジネスインサイダー 2019/12/16
老舗ブランドもランクイン…Z世代で人気急上昇のブランドトップ10

「ソニー」や「ウーバー」、「ナショナルジオグラフィック」を除くと日本ではまだ知られていない企業が多数ランクインした印象の本ランキング。一見、何の脈絡もなさそうに思えるが、1位と2位、8位、10位はいわゆるオンデマンドデリバリーサービスを手掛ける企業だ。

近年世界的に躍進するデリバリーサービス。日本ではまだウーバーイーツの配達員を目にする程度だが、そこは宅配先進国アメリカ。2018年の市場規模は240億ドル(約3.6兆円)にまで膨れ上がるなど、投資家も注目する一マーケットを形成している。

“Z世代(ジェネレーションZ)”とは1990年代後半~2000年生まれをカテゴライズしたもので、彼らのスマートフォンを中心としたライフスタイルが浮き彫りになる。ブランドは時代を映す鏡なのだ。

それにしても、なぜここに「ソニー」の名前がランクインしているのかは不明だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

健康経営とカゴメ社の美味しいサポートプログラム <ブランド拡張による事業領域の延伸>

カゴメが野菜摂取測定機器を使って新事業を開始する。野菜摂取の充足度が表示できる機器「ベジチェック」のレンタル・リースを7月1日から開始し、同社が提唱する健康サポートプログラムの推進に役立てる。 機器は …

コラボレーション×コラボレーションの二乗のシナジー効果

BREWBASEとフリークスストアのコラボレーション企画が始動しています。 今回のコラボレーション企画では、オリジナルビール「FREAKS」が登場。 同商品は、アツい夏にぴったりの爽やかでドリンカブル …

まさかの“会話調”も登場。ネーミングはどこへ向かう?

「本日はお忙しい中、『まじヤバくない?』の内覧会にお越しいただき、ありがとうございます」 女性司会者のアナウンスで、高級食パン専門店「まじヤバくない?」の内覧会が幕を開けた。粉ものグルメが数多い群馬県 …

地方自治体のPR動画も、“2.5次元”の時代?

岡山市は5日、市出身のタレント桜井日奈子さんを起用したPR動画集「鬼カワイイ岡山市」新シリーズの再生回数が10月12日の公開から21日目で100万回を突破したと発表した。桜井さん本人のシーンに加えて、 …

ムーミン×テーマ―パークのポテンシャル

3月16日、ムーミン物語(埼玉県飯能市)が運営する「ムーミンバレーパーク」が埼玉県飯能市にオープン。春休みに入り、家族連れやムーミンファン、インバウンド客など大勢の観光客が押しかけている。 同パークは …

サイト内検索