セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

イチローさんと“草野球”に見るブランド拡張の美しい使い方

投稿日:2019年11月1日 更新日:

今年3月にマリナーズで現役を引退したイチロー氏(45=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)が今オフ、草野球デビューすることが16日(日本時間17日)、分かった。同氏がスポニチ本紙の取材に明かしたもので、現役時代に自主トレをサポートしてくれた友人たちとチームを結成。ほっと神戸で智弁和歌山の関係者チームと対戦する。また、将来的には草野球リーグを設立したい考えも明らかにした。

スポニチANNEX 2019/9/18
イチロー氏、今オフ草野球デビューへ!
エース兼監督兼オーナー、神戸で伝説第2章

イチローさんといえば知らない人はいない野球界のヒーローだ。

ブランド・マネージャー認定協会でも「パーソナルブランド」の好例として紹介させていただいている。

そのイチローさんが“草野球”をやるという。成功者にありがちな篤志家の道楽なのかというとそうでもないらしい。将来的には草野球リーグを結成し純粋に楽しい野球を目指すという。

高校野球からプロ野球、そしてMLBへと続く大いなる野球道の階段。それとはまた違った「楽しい野球」への回帰は頂点を極めた彼こそがやることでプレー人口の拡大、ひいては野球界へのさらなる貢献となるだろう。

ブランドの観点でいうと、これはブランド拡張の一つの類型エンドースド・ブランド戦略<endorsed brands>である。ただ単に草野球で野球のすそ野を広げようとしても難しい。そこで「イチロー」という稀有のブランド・エクイティでエンドース(保証)されることによって魅力的な連想や活力を得ることができる。ブランド拡張の美しい使い方である。

 

水野 昌彦(みずの まさひこ)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 認定トレーナー
某自動車会社デザイン部門にてCI・VIデザインの開発・設計・管理に携わる。
「理念・ブランド・デザイン」を軸に社内外でブランド啓蒙活動奮闘中。

関連記事

異色の販促コラボレーション企画 ガリガリ君とコカ・コーラ社

赤城乳業は7月9日から、「ガリガリ君スポーツドリンク味(ラグビー日本代表デザイン)」を発売する。価格は70円(税別)。 「ガリガリ君スポーツドリンク味」は、スポーツドリンク味のアイスキャンディーに、ガ …

世界遺産で街おこし 大阪府堺市の地域活性化プロジェクト

大阪初の世界遺産として盛り上がりを見せる「百舌鳥・古市古墳群」。そんななか、古墳の魅力を楽しむために増えているのが古墳グッズのイベント。7月17日から、「堺タカシマヤ」(大阪府堺市)で『古墳祭り in …

ブランドタウン「田園調布」はいま

東京を代表する高級住宅地といえば田園調布をおいて他にはないだろう。渋沢栄一らによって開発が始まり、政治家や財界人、プロスポーツ選手などが邸宅を構えた地だ。この場所でいま、売りに出される物件が増えている …

ジャパンサーチ 知的資源を一括検索できるサイト

政府が、全国の図書館や博物館などで所蔵する資料を一括検索できるポータルサイト、「ジャパンサーチ」の構築に乗り出す。国立国会図書館や国立公文書館など10機関がデータを提供し、一般向けの試験公開を近く始め …

コラボレーション×コラボレーションの二乗のシナジー効果

BREWBASEとフリークスストアのコラボレーション企画が始動しています。 今回のコラボレーション企画では、オリジナルビール「FREAKS」が登場。 同商品は、アツい夏にぴったりの爽やかでドリンカブル …

サイト内検索