セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

あの、キンカンが目立つ!違和感!注目!のオシャレな展開

投稿日:2019年8月2日 更新日:

画像引用:https://www.atpress.ne.jp/news/189004

虫さされ薬として知られる「キンカン」。そんな商品のポスターがネット上で注目を集めています。一見するとハイブランドの広告風ですが、よく見るとモデルの手元にはキンカンが握られています。「若い世代にもキンカンの存在を知ってもらいたくて」と話す担当者に聞きました。

(中略)

今すぐに「キンカン=虫さされに効く」と結びつかなくても、まずは知ってもらいたい。存在を知ってもらうことで選択肢の一つに入ることができるのではないか、と考えたそうです。

(中略)

「やるからには徹底的に」というアートディレクターの考えのもと、50~60人のプロモデルの中からオーディションで3人を選出。撮影も普段からハイブランドの撮影に携わっているカメラマンに頼んだそうです。

ライブドアニュース 2019/7/23
オシャレすぎる虫さされ薬ポスター!
「キンカン」のハイブランド風が話題に「若い世代も存在を知って」

1926年に万能外用薬として発売されたキンカンが、渋谷センター街という立地でのポスター広告を展開した。目立つ!違和感!注目!と三拍子が揃いそうなインパクトを盛り込み、若者の興味や関心を引き寄せたリブランディングが興味深い。

長い歴史を持つブランドでも、時代に合わせて変わっていかなければ「存在感」は希薄になる。今回の施策は、ユーザーの高齢化が進むなか、若い世代に向けた認知拡大のため知恵を絞った形だ。「やるからには徹底的に」の考えのもと、一見ハイブランドと誤解されそうなトーン&マナー(雰囲気)になっているが、闇雲に奇をてらったわけではない。今回のコミュニケーションのターゲットである、若い世代の注意をひくための戦略だ。渋谷センター街という場所の選択も、若い世代に合わせたものだ。それでも「キンカン」ブランドそのものが微動だにしないのは、やはり今までの100年の蓄積のおかげか。

医薬品の効能効果をうたっただけでは売れない。「興味を持ってもらう」「存在を知ってもらう」ことが、情報過多の時代には新規ファンの獲得につながるのだろう。今後のブランディングもどのような取り組みがされるかが気になるところだ。

はやま 紺(はやま こん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 1級資格取得者 
紺デザイン ブランド・クリエイター
シンプルな思考で発想を転換、価値を伝えられないとあきらめていた起業家に価値の発掘、言語化、ビジュアル化を展開し課題解決をサポートしています。「世界観を形につながりたい人とつながるブランディング」を支援中。
http://kon-design.com/

関連記事

どこが新しい? フォルクスワーゲンの新ロゴマーク

画像引用:https://www.volkswagen.co.jp フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月9日、ドイツで開催したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Mo …

オーディオ御三家ブランドの盛衰 パイオニア上場廃止

パイオニアは27日、東京証券取引所第1部で取引される株式が上場廃止となった。1938年に創業して約80年。老舗の音響機器メーカーとして多くの人々に親しまれたが、2000年代に入って経営が悪化し、株式市 …

スタバ高級新型店オープンの真の狙いを深読みする

 2019年2月28日(木)、東京・中目黒に、日本国内初となる『スターバックス リザーブ ロースタリー』がオープンしました。オープン後4日間と3月9日、10日の週末には入場制限が設けられることが決まり …

不要時計で社会貢献 TiCTACが刻む、SDGs

腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」(チックタック)では、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)の活動に協力する「腕時計下取りキャンペーン」を今年も実施いたします。 環 …

ウィーワークの蹉跌 上場寸前でのブランド毀損

アメリカのシェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営する「ウィーカンパニー」は、アメリカ国内を中心に全世界で2400名の人員削減を実施すると発表しました。削減数が全従業員のおよそ2割に相当する大規模なリ …

サイト内検索