セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

どこが新しい? フォルクスワーゲンの新ロゴマーク

投稿日:2019年9月27日 更新日:

画像引用:https://www.volkswagen.co.jp

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月9日、ドイツで開催したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)のプレビューイベントにおいて、新しいロゴを発表した。

新しいロゴは、同時に発表された新型EVの『ID.3』とともに、フォルクスワーゲンの新しい時代の始まりを示すものに位置付けられる。フォルクスワーゲンの未来を象徴するキーワードは、電動化、完全なコネクテッド機能、ニュートラルなカーボンバランスだ。新しいロゴの導入とともに、フォルクスワーゲンは、よりモダンでリアルな、世界的に統一された360度のブランド体験を創出していく。

新しいフォルクスワーゲンのロゴは、フラットな2次元デザインとし、よりクリアで無駄のないデザインとした。従来のバージョンとの大きな違いは、「W」の下部が輪郭のサークルから浮いている点だ。このロゴは、柔軟に適用されることを意図しており、デジタルメディアにも適するように制作された。新しいブランドロゴへの切り替えは、2020年半ばまでに完了する予定だ。

レスポンス 2019/9/10
VWが新しいロゴを発表、電動化やコネクトを象徴
…フランクフルトモーターショー2019

単なる「ロゴマークの変更」なのだが、そこは世界に名だたるフォルクスワーゲン。この決定が自動車界、広告・デザイン界に与えるインパクトは無視できない。

新しいロゴマークは従来と同様にイニシャルの「V」と「W」を組み合わせたもので、「Clear and simple / Flat / Constrasting / Focused / Flexible / Open / Easy to use / Reduced to the essentials」を表現しているという。

ぱっと見はちょっとしたマイナーチェンジに見えなくもないが、改めて眺めているとそこから受ける印象は見た目以上に大きい。よりフラットになり、視認性が高まった新ロゴマークは、重厚さを失う一方で革新性を志向しているようにも思える。

今回のロゴマークのリニューアルは、デジタルメディアにおける再現性を高めるためとのこと。もはやすべての企業活動はデジタルメディアの支配下にあるということか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

新興企業と老舗企業のブランド交換 島根銀行とSBIの資本・業務提携

島根銀行は6日、インターネット金融大手SBIグループと資本・業務提携すると発表した。第三者割当増資を実施し、25億円の出資を受け入れる。SBIグループの議決権比率は34%で筆頭株主となる。島根銀はSB …

大盛況のレモンサワーフェスティバル 地域ブランディングにも貢献か

2019年4月5日(金)〜6日(土)の2日間、新宿中央公園にて「レモンサワーフェスティバル2019 in東京」が開催されました! 「レモンサワーフェスティバル」は、昨年2018年にも全国8会場で累計7 …

鳥取の魅力を伝えるイベント。新宿のビームスジャパンで開催

国内外の衣料や雑貨を扱うセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」が、民工芸品の展示販売を通じて鳥取県の魅力を発信するイベント「BEAMS EYE TOTTORI(ビームス アイ トットリ)」を東京都 …

ボート参入の「レクサス」。陸の王者は海も制す?

画像引用:https://lexus.jp/models/ly/ トヨタ自動車は高級車ブランド「レクサス」で初めてとなるボートを10月30日から販売すると発表した。商品名は「LY650」で日米とカナダ …

MADE IN JAPANキャビアの勝算は?

宮崎市で国産キャビアの養殖・製造を行う「ジャパンキャビア」が4月、対米HACCP(対米輸出水産食品加工施設)に認定され、対米・ラスベガス輸出を5月に開始した。 対米輸出について坂元基雄社長は「アメリカ …

サイト内検索