セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

サントリーのボス 続くコーヒー以外へのブランド拡張

投稿日:2019年2月12日 更新日:

サントリー食品インターナショナル株式会社は、「BOSS」の濃縮タイプ飲料「ボス ラテベース」の新たなラインナップとして、「ボス ラテベース 香ばしピスタチオ」を1月22日(火)から期間限定発売します。

 

「ボス ラテベース」は、牛乳と割るだけで、お店のような贅沢な味わいのカフェラテが手軽に作れる濃縮タイプ飲料です。本格的な味わいや手軽さにご支持をいただき、販売数量は2016年の発売以来伸長し続けています。

(日本経済新聞 2019/1/15)

サントリーのボスと言えば、代表的な缶コーヒー飲料のブランドだ。それが近年、コーヒー以外にもラインナップを拡張し続けている。2017年には「ボス」ブランドから初めての紅茶飲料「とろけるミルクティー」を発売し、その後もスープを発売するなど、コーヒー以外への事業展開に挑んできた。今回のピスタチオのラテベース発売もその一連の流れだ。

これはいわゆる「ブランド拡張」というもので、従来ブランドが扱っていなかった商品やサービスまで、そのブランドの領域を広げることを言う。ブランド拡張の目的としては、業績好調なブランドの力を借りて、新たなカテゴリーの売上を創出しようとすることが挙げられる。新たなカテゴリーは、全くの新商品である場合もあるし、既存商品だが業績不振のもの、あるいはさらに伸長する余地があるものである場合もある。

ボスの業績は好調で、2018年の年間販売数量が1億ケースを突破している(※1)。拡張元のブランドとしての条件は満たしているのだろう。

そこで次に問題になるのは、追加するカテゴリー(この場合、ラテベースやスープ)が拡張元のブランド(ボス)に相応しいかどうか、ということだ。ボスだけに限ったことではないが、缶コーヒーのヘビーユーザーは建設作業員など、体を動かす仕事をしている人々だ。甘すぎると感じるくらい砂糖が多いことも、ヘビーユーザーの嗜好というかニーズを考えてのことと思われる。1992年の発売開始以来、ボスのコンセプトは「働く人の相棒コーヒー」だった(※2)。近年のブランド拡張は、「働く人の相棒」であるためにはコーヒーに限定する必要はなく、他の飲料でも可能だという判断に基づくものと推測される。

 

※1、※2
サントリー ニュースリリース(2019/1/11)
“働く人の相棒”サントリーコーヒー「BOSS」ブランド
2018年年間販売数量が大台の1億ケースを突破”
https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0776.html

 

能藤 久幸(のとう ひさゆき)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 ディレクター・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

宇大浪漫 産学連携によるブランド開発

宇都宮大学(宇大)の名を冠した焼酎「宇大浪漫」。これまでは県内の一部での販売に限られていたが、昨年から全国で流通が始まった。製造元の栃木県那珂川町の「白相(しらそう)酒造」は県内で唯一、麦や芋の本格焼 …

日産「ノート」販売好調を支える「e-POWER技術」の意義

日本自動車販売協会連合会が発表した2018年の登録車の新車販売車名別(軽自動車除く)で、日産自動車の「ノート」が13万6324台で1位となった。日産がこの分野において暦年ベースで1位となるのは初の快挙 …

イチローさんと“草野球”に見るブランド拡張の美しい使い方

今年3月にマリナーズで現役を引退したイチロー氏(45=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)が今オフ、草野球デビューすることが16日(日本時間17日)、分かった。同氏がスポニチ本紙の取材に明かしたも …

イチロー引退とMLBのアジアでのブランディング戦略

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、現役引退を発表した。同日に東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕シリーズ第2戦後に記者会見し、「きょうのゲームを最後に日本で9年、米国で19 …

外食チェーン、新商品の投入サイクルが業績に拍車をかける

明暗がくっきり分かれる決算となった。 牛丼チェーン「すき家」を手がけるゼンショーホールディングスが2月5日に発表した2018年度第3四半期(2018年4月~12月期)決算は、売上高4548億円(前年同 …

サイト内検索