セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Case Study

ブランドコンテンツとコラボレーション  ―「美少女戦士セーラームーン」を事例として 【前編】

投稿日:2021年7月13日 更新日:

引用:PR TIMES 2020年12月3記事 2021年3月1日
(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

今年で25周年を迎えた、「美少女戦士セーラームーン」のコンテンツを用いたコラボレーション企画が各所で目白押しとなっています。今年は映画が公開されたこともあり、特に動きが活発となっているようです。

「セーラームーンEternal」BD/DVD特典に劇伴CDや福圓美里らのオーコメ

武内直子原作によるアニメ「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」前後編を収めたBlu-ray / DVDが、6月30日に発売される。本日5月14日に、初回限定版特典の詳細が発表された。

「Disc1」には音声特典としてオーディオコメンタリーを収録。前編のオーディオコメンタリーにはスーパーセーラーちびムーン/ちびうさ役の福圓美里とタキシード仮面/地場衛役の野島健児、後編のオーディオコメンタリーには福圓たち2人とエリオス/ペガサス役の松岡禎丞が参加した。

「Disc2」には本編映像を使った挿入歌「Moon Effect」のMV、「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」プロモーション映像集、舞台挨拶などの様子を映した4公演分のイベント映像に加え、監督を務めた今千秋とキャラクターデザインを務めた只野和子それぞれのインタビュー映像が収められている。さらに主題歌「月色Chainon」、エンディングテーマ「私たちになりたくて」「“らしく”いきましょ」、「Moon Effect」の映画尺バージョンや劇伴を収録したCDを同梱。30P以上におよぶブックレットが封入される。そのほかの詳細も追って発表されるとのことなので、続報に期待しよう。

(コミックナタリー 2021年5月14日 配信記事)
https://natalie.mu/comic/news/428248″

 

ご存じの方も多いかと思いますが、「美少女戦士セーラームーン(以下セーラームーン)」は、少女向け漫画雑誌の「なかよし」で連載が開始され、その後はアニメ化されて大ヒットとなったコンテンツです。

その人気は日本だけに留まらず、世界にまで広がっています。

スウィーティー、『セーラームーン』愛を爆発させる
ドージャ・キャットとのコラボ曲「Best Friend(ベスト・フレンド)」が注目を浴びた女性ラッパーのスウィーティーが、日本のアニメ『セーラームーン』への愛を爆発させた。

ミーゴスのクエヴォの彼女であり、映画『バッドボーイズ2バッド』などに出演する俳優のガブリエル・ユニオンのいとこでもある女性ラッパーのスウィーティーは、最近ドージャ・キャットとコラボするなどして、ますます注目度があがっているアーティスト。

ラッパーとしてだけではなく、ファッションブランドとコラボするなど多方面で活躍するスウィーティーは、日本の「あるもの」が大好きだという。それは、セレブの間でもファンが多いことで知られる日本のアニメ『セーラームーン』。スウィーティーは子供の頃にドハマりして以降、『セーラームーン』の大ファンで、なかでもちびうさが好きなよう。

これまでスケジュールを書き込む手帳に『セーラームーン』のキャラクターのシールを貼っているところや、ダイヤモンドでできたちびうさのネックレスを披露してきたスウィーティーが、新たに『セーラームーン』のグッズをゲット。今回ゲットしたのは、恋人であるクエヴォからクリスマスプレゼントとしてもらったベントレーの鍵につけるキーホルダー。

さらにはちびうさがデザインされたオリジナルのカードケースもゲットしたようで、それぞれインスタグラムにアップして『セーラームーン』コレクションをお披露目し、『セーラームーン』愛を爆発させた。

これまで様々な『セーラームーン』グッズを手にしてきたスウィーティー。お次はどんなアイテムを手にして『セーラームーン』愛を爆発させるのだろうか。

(フロントロウ編集部 2021年1月17日配信記事)
https://front-row.jp/_ct/17424512

 

ストーリーとしては、中学生の少女が活躍する戦隊ものアクションというところです。

主人公が学生ということもあり、学校生活でのイベントに恋愛などのラブコメディー要素、更にそれらのコメディー要素と真逆の、シリアスで白熱する戦闘という、コンテンツ単体としても非常に魅力的なものとなっています。

特に、初代アニメの最終回近辺は熱すぎる展開がなされ、主人公や仲間達が壮絶過ぎる戦いを繰り広げました。そして、その衝撃的かつ悲劇的な結末は多くのファンの涙を誘いました。その結果、未だに伝説級のコンテンツとして人気を博し続けているとも考えられます。

同様の伝説級のコンテンツとしては、ガンダムシリーズやエヴァンゲリオンなどを挙げる人が多いかもしれません。

エヴァンゲリオンについては、先日、こちらのサイトにてコンテンツコラボレーション企画をご紹介しました。


“シン”・ブランド戦略 コロナ禍に見た飲食業界の起死回生
~ ゼンショーグループ 店舗ブランド・コラボレーションによる新規顧客獲得作戦! ~
https://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/zensho


 

セーラームーンも幅広くコラボレーション企画を行っています。

 > 続きを読む 

関連記事

伊藤園と靴下屋 意外性のあるブランド・コラボレーションが話題に! 異業種同士のコア・コンピタンスを掛け合わせた成長戦略

以前、伊藤園とタビオの意外性のあるコラボレーションが話題となりました。 タビオレッグラボシリーズ「気持ちいいシルクの靴下」を共同開発 https://www.itoen.co.jp/news/deta …

スターバックスとエシカルブランディング プレミアムラインの論拠と証明

スターバックスが1995年に日本に進出して、24年が経ちます。その間、日本のコーヒー文化は大きく変化しました。競合企業のタリーズコーヒーは1997年に運営を開始し、元来日本で喫茶店を展開していたドトー …

中小・零細企業の経営再建に必要なもの リーガル・ハートに見る、ブランドの重要性

反町隆史さんが主役を務め、弁護士役を演じるドラマ、「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」が、好評です。 リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ https://www.tv-tokyo.co. …

大塚家具のお家騒動をブランドの観点から読み解く

昨今世間を賑わせている大塚家具のお家騒動。先日の株主総会では、株主は久美子社長を支持し、取りあえず一件落着となりました。今回は、このお家騒動を「ブランド」の切り口から見てみたいと思います。 大塚家具の …

中小企業にチャンス到来!女性活躍推進法を活かしたコーポレート・ブランド戦略 ー採用ブランディングにも欠かせないESG/SDGsを活かしたサスティナブル経営【前編】

女性の社会進出は既に当たり前の時代となりましたが、2022年4月からは、公的にもその傾向を後押しすることになりそうです。 全面施行から5年の女性活躍推進法 中小企業への適用拡大でどう変わる? 2022 …

サイト内検索