セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Case Study

ブランドコンテンツとコラボレーション  ―「美少女戦士セーラームーン」を事例として 【後編】

投稿日:

引用:PR TIMES 2021年3月1日
(C)武内直子・PNP・東映アニメーション

今年で25周年を迎えた、「美少女戦士セーラームーン」のコンテンツを用いたコラボレーション企画が各所で目白押しとなっています。今年は映画が公開されたこともあり、特に動きが活発となっているようです。

前編にて汎用的なコンテンツ市場の形成について解説いたしましたが、今回は既存のターゲット顧客である若年齢層とは異なる商材も複数発売されています。

メイベリン×『美少女戦士セーラームーン』セーラー戦士の“落ちないリップ”や黒猫ルナのマスカラ

メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)から、『美少女戦士セーラームーン』とコラボレーションした数量限定コスメが登場。2021年4月17日(土)より全国発売される。

メイベリン ニューヨークと『美少女戦士セーラームーン』のコラボレーションコレクションでは、ブランド人気No.1マスカラ「ラッシュニスタ N」や、リキッドアイライナー「ハイパーシャープ ライナー R」、“落ちないリップ”として話題の「SP ステイ マットインク」の3アイテムを展開。

黒いファイバーがぴたりと密着し、目頭、目尻の細かい部分まで、美しい上向きロングまつ毛に仕上げてくれるマスカラ「ラッシュニスタ N」には、セーラームーンや黒猫ルナのシルエットをオン。にじみにくいのに、お湯でするんと簡単オフできるのも人気の秘密だ。カラーは定番ブラックを用意した。

手ブレ吸収ブラシ採用で、0.01mm超極細ラインを美しく描くことができるアイライナー「ハイパーシャープ ライナー R」にも、セーラームーン&黒猫ルナのシルエットを配して。涙、汗、皮脂に強く、長時間にじみにくい。カラーは、使いやすいブラックを展開。

“落ちないリップ”として注目を集めるリキッドリップ「SP ステイ マットインク」には、人気4色を用意。それぞれに、セーラーマーキュリー、セーラーマーズ、セーラージュピター、セーラーヴィーナスのシルエットを描いた。唇の輪郭を縁取るように塗布すればしっかりとした発色を、ぽんぽんと指で馴染ませればじんわりとにじむような発色を楽しめる。

©武内直子・PNP・東映アニメーション
(FASHION PRESS 2021年3月1日 配信記事)
https://www.fashion-press.net/news/70374

 

この記事から推測されることは、何でしょうか?
それは、かつてのセーラームーンのファンであった世代に対する、需要喚起を図っているということです。

これを、フレームワークで表してみます。
まずは、セーラームーンが誕生した1990年頃について、LTV(ライフ・タイム・バリュー)のフレームワークで整理してみましょう。

 

ここから見えてくるのは、世代を絞ったマーケティング施策です。

メインターゲットである、小学生向けに重点的な需要喚起を目指した商品開発を行いました。そのため、コンテンツの一部を除いて基本的に低単価商材を幅広く販売するということが目標となっていました。

この戦略が有効であったのは、メインターゲットである日本の子供の人口が多い時代であったためです。

日本の人口動態については、中小企業庁のホームページで下記のように紹介されています。

 

(出典:中小企業庁ホームページ 第2節 日本の人口動態と労働者構成の変化)
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/h30/html/b2_1_2_1.html

メインターゲットである小学生・中学生の世代については、セーラームーンの連載開始以後は徐々に縮小傾向が続いており、市場が急激に縮小してきていることが分かります。
つまり、この世代向けの商材は今後、開発投資が回収できなくなる可能性が高く、ボリューム感のある新たな市場を開拓しなくてはならないのです。

今回の化粧品の販売については、市場拡大のためのマーケティング施策として、潜在需要の掘り起こしを狙っているということが明らかです。

では、前編でも状況整理に用いた3C分析で2021年の状況を改めて整理してみます。

下記のようになりました。

ターゲット顧客が、かつてのセーラームーンのファンの世代や、またセーラームーンのファンであった方達の子供たちへと、変化しています。
ここから、親世代に対して直接訴求する商品の開発が、有効になっていることが推察できます。

では、アンゾフのマトリクスにて、現況を再検証してみましょう。
下記のように状況が変化しています。

多角化として目指すものが、1990年頃はキャラクター商品でした。
主に雑貨類が対象で、一部でアパレルや文具などの生活雑貨を展開していたというところです。
それが現在では、アクセサリーや化粧品に腕時計、中には家具なども販売されるなど、中単価~高単価商材を幅広く展開するようになっています。

メインターゲットである世代は、現在では社会人になっています。
そのため、かつてファンであった世代に広げたことで、顧客購買単価は大きく上昇しました。

 > 続きを読む 

関連記事

瞬足

子どもの2人に1人が履く「瞬足」ブランド誕生への道

今回は、国内シューズメーカーであるアキレス株式会社が2003年から発売を開始し、現在では子どもの2人に1人が履く驚異のブランドへと成長を遂げた「瞬足」の開発経緯を紹介します。 開発メンバー全員が共有で …

「+J」に見るユニクロブランドの成長

かつてユニクロとファッションデザイナーのジル・サンダー氏がパートナーシップを結んで立ち上げた「+J」が、2020年秋冬モデルを発表し、復活しました。 ユニクロ +Jコレクション https://www …

「大戸屋」と「コロワイド」。あなたならどう分析する? ~内部資源分析手法を使って競合分析を試みる~

今回、コロナで大きなダメージを受けている外食産業の中から、似て非なる「大戸屋」と「コロワイド」について、分析フレームを使いながら検証を試みたいと思います。 その理由に、先日この2社間では、経営権を巡る …

コロナ時代 ブランドの「選択と集中」で経営革新 <前編> ~資生堂 パーソナルケア事業ブランドを売却~

資生堂が、主力事業の一つであるパーソナルケア事業ブランドの売却を決めました。 資生堂/パーソナルケア事業1600億円で譲渡、合弁事業化で新会社設立 https://www.ryutsuu.biz/st …

理想的なパーソナル・ブランディングの形成 山里亮太さんと蒼井優さんの結婚会見より

予想外かつ意外過ぎる発表で、様々な話題を呼んだ、山里亮太さんと蒼井優さんの結婚会見。その会見で感じたものは、昨今の殺伐とした社会に対して、一服の清涼剤となるような実に素敵な時間でした。 山里亮太&蒼井 …

サイト内検索