セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Branding Method

2018年のヒット予測【BRANDINGLAB編】

投稿日:2018年2月2日 更新日:

2018年
今回はBRANDINGLAB編集部の独断と偏見で、2018年のヒット予測TOP10を作りました。
それぞれ動向を注目していきたいトピックで、今後のコラムのネタとしても考えています。

2018年のヒット予測

1位 酒税法改正による新ビール発売
2位 eスポーツ(ゲームのプロスポーツ化)
3位 AI本格導入
4位 自動翻訳技術
5位 ウェアラブル健康機器
6位 投資(仮想通貨やロボアドバイザーなど)
7位 ドローン活用(建築業界での活用から自撮りなどのコンシューマ向けまで)
8位 民泊(東京五輪を控えて本格化するのでは?)
9位 東京ミッドタウン日比谷
10位 パーソナライズ動画

 

度々ニュースに取り上げられるAIやドローンは、アーリーアダプタ(初期採用者)からより一般に広がっていくことが予想されます。他にも自動翻訳技術やウェアラブル健康機器など、テクノロジーの進化に関連したものが多くあがりました。1位の新ビール発売については、旧来、果実や香辛料を加えると「発泡酒」扱いだったものが4月の酒税法の改正により「ビール」になります。これにより新しいフレーバーのビールが続々と発売されるでしょう。是非こちらはコラムで取り上げたいと思います。

関連記事

luxury

ラグジュアリーブランドの今日的課題~希少性をどう演出するのか~

ラグジュアリーブランド(超高級ブランド)はこれまで、希少性を訴えることで、所有者に特権的な地位であることを感じさせるという効果をもたらしてきました。しかし世界的な需要の高まりから、希少性と成長の両方を …

ビッグエコー

SWOT分析でわかるカラオケ業界の方向性~ビッグエコーを例に~

多様化するカラオケ利用シーン 「カラオケ」というと40代以上の方は「昔はよくカラオケ行ったよなあ」「二次会といえばカラオケだったよなあ」「若いころはカラオケオール(オールナイト)も普通だったよな」と懐 …

今流行りのタピオカドリンクをPEST分析で検証! タピオカブームを参考に作成

今回は、2019年のヒット商品となったタピオカブームについて、PEST分析を用いてどの様な背景があるか解説していきます。 PEST分析は、外部環境の分析に適したマーケティング分析の手法です。主に、マク …

景気回復の中、まだまだ売上高は低迷…今こそ経営戦略を見直すとき

景気が低景気が低迷していた2014年上半期から、徐々に回復してきた日本経済。 しかし、依然として売上高は横ばい傾向にあり、円安の打撃を受けている中小企業は多い状況が続いています。これまでのやり方を続け …

Chess

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜

今回は業界分析ツールである「ファイブフォース分析」についての解説。実際にハンバーガー業界のマクドナルドに当てはめてみます。「ファイブフォース分析」によってとても明快に業界分析ができ、あなたの会社の経営 …

サイト内検索