セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

女子を虜にするワークマン。快進撃の秘密とは?

投稿日:2019年9月25日 更新日:

ワークマンは9月5日、「過酷ファッションショー」と題した2019年秋冬新製品の発表会を開いた。

新製品を着てランウェイを歩くモデルを、雨、風、雪が襲い、同社の「防風」「防水」「撥水(はっすい)」機能を分かりやすく見せる演出だ。

(中略)

売り切れも出たという人気製品「綿アノラックパーカー」と、スリッポン式の「ファイングリップシューズ」はどちらも約1900円。ボアのフーディやベストなど、厚手の秋冬製品も多くが1000〜3000円で購入できる。国内アパレルの市場規模は縮小傾向だ。同社の調査によると、デザイン系衣料が激戦区の一方で、高機能・低価格は全くの空白になっているという。

BUISINESS INSIDER 2019/9/6
快進撃支えるワークマン女子の商品提案。
競合なし、値札見る必要なしで4000億円市場で独り勝ち

安くて、丈夫で、恥ずかしがらずに着られるデザイン――「ワークマン」の機能性ウェアが若い女性たちを中心に支持されている理由を挙げると、ざっとこのようなものになるだろうか。

かつては地方や郊外の幹線道路沿いに鎮座し、もっぱら職人、ドライバーといった武骨な男たちの専門店だった「ワークマン」が今日のようなライフスタイルウェア・ブランドとして一定の認知を獲得した背景には、近年のスポーツ&アウトドアブームがあることは間違いない。「ワークマン」が巧みだったのが、そんなシーンに対して“低価格×機能性ウェア”という唯一無二の価値を提供したことだろう。

今期は売上高で前年比159%を達成、株式時価総額ではコンビニ大手「ローソン」をも凌駕した「ワークマン」。どこまでも青いブルーオーシャンを獲得した彼らの快進撃はまだまだ続きそうだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

「熱狂ブランディング」の終息か コロナショックで夕張メロンの落札額が98%ダウン

北海道夕張市特産の「夕張メロン」のことし初めての競りが行われ、最高落札額は2玉12万円と去年のおよそ40分の1でした。卸売会社では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、消費の低迷も影響したとみています …

すいかは「庶民の味覚」ではなくなる?

夏スイカ生産量日本一の「尾花沢すいか」の出荷が最盛期を迎え、山形県大石田町のみちのく村山農協西部選果施設で16日、出発式が行われた。 関係者約50人が出席し、折原敬一組合長が「尾花沢ブランドにふさわし …

サービス開始と同時に1000万人が加入。高まる「ディズニー+(プラス)」への期待感

ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」が11月12日、サービスを開始した。ディズニーによると既に1000万人が加入したという。 Disney +はサービス開始当日に、アクセスが殺到 …

鉄道利用者の増加と沿線ブランド

利用者を増やしている鉄道会社はどこか。日本民営鉄道協会では大手私鉄16社の輸送人員を定期、定期外に分けて発表している。この10年分(2009~2018年度)をまとめた輸送人員の推移から、興味深い事実が …

ビルから電車!外観は“鉄道ダイヤ” 企業資産とブランディングの意外な関係

西武ホールディングス(HD)は25日、東京・南池袋に完成した新本社ビル「ダイヤゲート池袋」を報道陣に公開した。これまで埼玉県所沢市にあった同社や子会社の本社を4月に新ビルに移し、グループの拠点として活 …

サイト内検索