セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

女子を虜にするワークマン。快進撃の秘密とは?

投稿日:2019年9月25日 更新日:

ワークマンは9月5日、「過酷ファッションショー」と題した2019年秋冬新製品の発表会を開いた。

新製品を着てランウェイを歩くモデルを、雨、風、雪が襲い、同社の「防風」「防水」「撥水(はっすい)」機能を分かりやすく見せる演出だ。

(中略)

売り切れも出たという人気製品「綿アノラックパーカー」と、スリッポン式の「ファイングリップシューズ」はどちらも約1900円。ボアのフーディやベストなど、厚手の秋冬製品も多くが1000〜3000円で購入できる。国内アパレルの市場規模は縮小傾向だ。同社の調査によると、デザイン系衣料が激戦区の一方で、高機能・低価格は全くの空白になっているという。

BUISINESS INSIDER 2019/9/6
快進撃支えるワークマン女子の商品提案。
競合なし、値札見る必要なしで4000億円市場で独り勝ち

安くて、丈夫で、恥ずかしがらずに着られるデザイン――「ワークマン」の機能性ウェアが若い女性たちを中心に支持されている理由を挙げると、ざっとこのようなものになるだろうか。

かつては地方や郊外の幹線道路沿いに鎮座し、もっぱら職人、ドライバーといった武骨な男たちの専門店だった「ワークマン」が今日のようなライフスタイルウェア・ブランドとして一定の認知を獲得した背景には、近年のスポーツ&アウトドアブームがあることは間違いない。「ワークマン」が巧みだったのが、そんなシーンに対して“低価格×機能性ウェア”という唯一無二の価値を提供したことだろう。

今期は売上高で前年比159%を達成、株式時価総額ではコンビニ大手「ローソン」をも凌駕した「ワークマン」。どこまでも青いブルーオーシャンを獲得した彼らの快進撃はまだまだ続きそうだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

まさかの“会話調”も登場。ネーミングはどこへ向かう?

「本日はお忙しい中、『まじヤバくない?』の内覧会にお越しいただき、ありがとうございます」 女性司会者のアナウンスで、高級食パン専門店「まじヤバくない?」の内覧会が幕を開けた。粉ものグルメが数多い群馬県 …

日本の伝統食の、プレミアムブランドへの昇華

ハナマルキから、「透きとおった甘酒 premium」のオリジナルカクテル4種類が、2019年6月1日(土)~2020年5月31日(日)に、ウェスティンホテル東京にて、期間限定で発売になります。 「透き …

クロネコ、キャラクターを一新。否定意見が多いのは愛されている証?

画像引用:http://www.yamato-hd.co.jp/news/2019/2019102301.html ヤマトホールディングスは23日、11月29日に旧社名の「大和運輸」として、創業100 …

投票率の低さをマーケティング・ブランディングの観点で考える

2022年、7月20日に第26回参議院選挙が行われました。止まらぬ物価高、不穏な世界情勢、円安、コロナ禍・・・・とさまざまな課題に加え、投票日の2日前には背景はどうあれ、思いもよらぬ痛ましい事件が起こ …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

サイト内検索