セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

展示会ビジネスの曲がり角?印刷機材展示会drupaの出展見合わせ相次ぐ

投稿日:2020年7月30日 更新日:

展示会といえば、見込客(リード)を獲得したり、未認知客を認知客に引き上げたりするための伝統的な手段であり、ブランドの重要なコンタクトポイントです。しかし昨今のコロナ禍で、展示会を取り巻く状況が変わりつつあります。

独・ハイデルベルグ社は、drupa2021への出展を取りやめることを決めた。
来年4月時点での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が不透明なこと、そして世界的な移動・旅行制限や衛生規制によって来場者が大幅に減少するという同社自身の予測に基づき、この判断を下した。

(日本印刷新聞社Web2020年7月8日)

世界最大の印刷機材展示会drupa(ドルッパ)は、1951年の第1回から3~5年おきにドイツ・デュッセルドルフで開催されてきました。直近のdrupa2016においても、世界54カ国1837のメーカー・ベンダーが出展、約26万人が来場しています。その規模、イベント性、そして最新技術を競う場であることから「印刷産業のオリンピック」とも呼ばれています。

そのdrupaですが、コロナ禍で次回開催が2020年から2021年に延期になりました。ところがこのたび、世界最大の印刷機メーカーであるハイデルベルグ社が出展を取りやめてしまいました。このニュースの後、マンローランド・シートフェッド、小森コーポレーションといった有力オフセット印刷機メーカーも出展取りやめを決めています。今後も出展を見合わせるメーカーが現れるかもしれません。そうなるとdrupa2021自体の開催も危うくなります。

ハイデルベルグ社がdrupa出展を取りやめた理由は、コロナ禍以外にもあると思われます。
一つは、今のネットワーク環境ならば自社単独の「バーチャル展示会」も可能であるという判断です。何もdrupa出展のために莫大な出展料やブースの設営費、印刷機の運搬費用などをかけなくても、自社工場にある印刷機やシステムをインターネットによるライブ中継で全世界にデモンストレーションすることは可能です。ユーザー(印刷会社のスタッフ)はドイツまで行かずともデモンストレーションやプレゼンテーションを受けることができます。

もう一つの理由は、展示会の出展というマーケティング手段が、時代に合わなくなってきたことです。数十万人が来場するブースでは、ワン・トゥ・ワンのきめ細やかなコミュニケーションが難しいです。展示会は見込客(リード)の獲得に適しているといいますが、数億円、数十億円という設備投資の購買決定者は一握りです。マス・マーケティングを行うよりも、購買決定者に直接コミュニケーションを取り、各地のオープンルームに招待するほうが効果的です。

ハイデルベルグ社のライナー・フンツドルファーCEOは次のように述べています。

「我々は成長する市場地域でのイベントだけではなく、より緊密に、そして個別にみなさんとのコミュニケーションを確保するために、新しいバーチャルな展示会のコンセプトにいっそうの投資をしていく。これは、我々が印刷市場からの期待に一貫して対応していけることを意味する」

(日本印刷新聞社Web2020年7月8日)

このコロナ禍でリモートワークが進んだように、移動のコストがかかる展示会ビジネスは曲がり角に来ています。それは印刷業界だけではなく、あなたの業界の展示会にも当てはまるのではないでしょうか。ネットワークを介し、遠隔の顧客とダイレクトにつながる新しいマーケティング方法が今後の主流となっていくでしょう。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

あなたにとって「レナウン」の破産は対岸の火事では無い! ~外部環境変化に無関心すぎるマーケティング担当と財務担当~

2020年10月30日、アパレルの名門企業であるレナウンが破産することとなりました。 かつては世界最大級の売上高を誇るアパレルメーカーとして2,300億円、グループで4,000億円という売上高を計上し …

投票日は臨時休業。環境企業の先駆者・パタゴニアのビジョン

アウトドア衣料品メーカー「パタゴニア」の日本支社(横浜市)は、参院選の投開票日の21日、全国22の直営店すべてを臨時休業にする。投票へ行くよう従業員に促すとともに、顧客にも選挙について考えてもらうのが …

銭湯の必需品“フルーツ牛乳”の販売終了

明治が1958年発売の瓶入り清涼飲料水「明治フルーツ」(180ミリリットル)の販売を4月1日で終了することが分かった。同社広報部は毎日新聞の取材に対し、「中期的な売り上げ減少に伴い、販売終了することに …

吉野家、ぬぐい切れぬ「9年ぶり赤字転落」懸念

“創業120周年の牛丼チェーン吉野家を傘下に持つ吉野家ホールディングスが業績不振に苦しんでいる。同社は1月10日、2018年度の第3四半期(2018年3~11月期)決算を発表した。売上高が1500億円 …

全県民に「翔んで埼玉」鑑賞を 大ヒット映画、映画館のない秩父で特別上映会 23日、東映の協力で開催

秩父市は8日、同市熊木町の秩父宮記念市民会館大ホールフォレスタで23日午後2時から、全国で異例の大ヒットを記録している映画「翔(と)んで埼玉」の特別上映会(東映主催)を開催すると発表した。現在公開中の …

サイト内検索