セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

話題の事例

ロングセラーの地位は、思い起こしのアピール?

投稿日:2019年7月5日 更新日:

ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出しているのは、うまい棒ほかスナック菓子の企画・販売を手掛ける株式会社やおきんだ。なぜ、うまい棒は40年も不動の人気を保つことができたのか──。社長の角谷昌彦氏(55)に、これまでの歴史や苦労を振り返ってもらった。

(中略)

角谷:駄菓子は「安くておいしい」といったキーワードはもちろん、「楽しさ」や「嬉しさ」の要素も入っていなければ人気は続きません。そのため、うまい棒もロゴと共にパッケージのキャラクターを前面に出して他社とのコラボ商品などを数多く作って話題づくりもしてきました。今年は人気ゲームの「パズドラ」とコラボした商品やグッズも出していますしね。

(中略)

現在、謎のキャンペーンと題したプレゼント企画を実施していますし、8月にはうまい棒をテーマにクリエイターの方々に作品を作っていただき展示するアートイベント「うまい棒クリエイターズ2019」も開催する予定です。

また、11月11日を「うまい棒の日」として日本記念日協会の認定を受けましたので、その日のサプライズに向けてスマホにダウンロードできる時計アプリを開発中です。

BLOGOS 2019/6/23
「うまい棒」はなぜ40年間ロングセラーを続けられたのか

うまい棒は、発売から40年を迎え、いまでも年間7億本以上製造しているそう。国民1人あたり年間6本ちょっとは食べている計算になる。日本において、駄菓子文化の継承を担ってきたお菓子といえるだろう。

うまい棒のロングセラーの要因のひとつは、なんといっても発売以来「10円」という値段を変えていないことにあるのだろう。消費税の増税の変化に「ずっと変わらない値段」で攻め、10円でも満足いただけるような「おいしさ」、選ぶのに迷うような種類やパッケージなどが、成功を導いたと思える。

ただ、これだけでなく時代の進歩や消費者の慣れにより、放っておけばやがては飽きられてしまうところに、話題性を取り組んだ他社とのコラボ企画、ノベルティのコラボレーション、イベント開催など、消費者が思い起こしやすくする施策が、ロングセラーの地位を確立してきたのではないだろうか。

キャンペーンや施策の目的を明確にして、お客さま同士が誰かに話したくなる、会話が弾むなどのブランド体験がコミュニケーション戦略を行う上での肝要になる。生き残るためのブランド価値を高めていく施策に今後も注目したい。

 

はやま 紺(はやま こん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 1級資格取得者 
紺デザイン ブランド・クリエイター
シンプルな思考で発想を転換、価値を伝えられないとあきらめていた起業家に価値の発掘、言語化、ビジュアル化を展開し課題解決をサポートしています。「世界観を形につながりたい人とつながるブランディング」を支援中。
http://kon-design.com/

関連記事

お祭り屋台の定番商品が、お洒落に変身

イタリアンシェフが作るりんご飴専門店「キャンディ アップル(Candy apple)」の2号店が、2019年7月17日(水)より東京・自由が丘にオープン。 「キャンディ アップル」で提供するのは、イタ …

インバウンドの街で、日本酒を

リカー・イノベーションから、「KURAND SAKE MARKET 秋葉原店」が、2019年8月14日(水)より、東京都・秋葉原にオープンになります。 日本酒を中心とした、オリジナル商品を開発・販売す …

小粒でも、ピリリと辛い、存在感。 山椒ブームは現代世相の反映か

明治時代の牛肉しかり、平成のパクチーしかり。個性のある味の定着には時間がかかる。なじみのある食材や調味料でも、シーンが変われば「新しい味」としてすそ野が広がる。 そんな「新しい味」として強力に存在感を …

全仏閉幕。テニスウエア勢力図に異変あり?

テニスの全仏オープン第13日は7日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝で3年連続12度目の優勝を目指す第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が四大大会通算20勝を誇る第3シードの …

10年で撤退。「フォーエバー21」はなぜ失敗したのか?

米ファストファッション大手フォーエバー21の日本法人は25日、日本国内の全14店舗を10月末で閉店すると発表した。オンラインストアも閉鎖する予定で日本事業からの撤退となる。「売り上げ不振で数年間、赤字 …

サイト内検索