セミナー・実践会・相談会でブランド課題を解決する

Branding Method

VRやAIなどの新技術が躍進!2016年のヒット商品、2017年のヒット予測ベスト30!

投稿日:2016年11月22日 更新日:

VR

日経BP社による月刊情報誌「日経トレンディ」が毎年行っている年間のヒット商品と、来年のヒット予測ランキングが今年も発表されました。今回は、そのランキングを紹介したいと思います。

2016年のヒット商品

1位 ポケモンGO
2位 君の名は。
3位 IQOS
4位 インスタグラム
5位 メルカリ
6位 スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ
7位 新型セレナ
8位 レノア本格消臭
9位 クッションファンデ
10位 グリーンスムージー
11位 スロギーZERO FEEL/SUHADA
12位 おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
13位 かみさまみならい ヒミツのここたま
14位 ザ・チャーハン
15位 VR
16位 生誕年記念 若冲展
17位 スター・ウォーズ/フォースの覚醒
18位 エアーマッサージャー 骨盤おしりリフレ
19位 EXPOCITY
20位 新・生茶
21位 ベイブレードバースト
22位 蚊取空清
23位 ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P
24位 シン・ゴジラ
25位 都道府県の一番搾り
26位 おそ松さん
27位 フジコ眉ティント
28位 ロボホン
29位 バスタ新宿&NEWoMan
30位 グランピング

2017年ヒット予測

今年、大きく話題となった「ポケモンGO」、「君の名は。」が1位と2位にランクイン。
3位以降のものも耳にしたことが多くあるのではないでしょうか。15位にランクインしたVR(Virtual Reality)はコンピュータによって仮装現実を体験する技術で、今年はPlayStation VRや関連機器などが発売されました。2016年はVR(Virtual Reality)元年とも言われています。

1位 ノールックAI家電
2位 “魅せる”ミールキット
3位 手ぶらで“旬撮”カメラ
4位 燃焼系ウエアラブルジム
5位 ドローンレーサー
6位 スポクラ(スポーツ専用クラウド)
7位 都市型ソーシャルランドリー
8位 シリーズ・ハイブリッドEV
9位 東西“極上”クルーズトレイン
10位 民旅(みんたび)
11位 度シアター
12位 レゴランド in NAGOYA
13位 会員制食べ放題レストラン
14位 新之助
15位 シーズナルシャンプー
16位 ARクライミング
17位 ネイチャースイートソース
18位 FF&バイオハザード
19位 垂直マラソン
20位 スマホ de 任天堂
21位 ミニオン・パーク
22位 Dセルフィーメーク
23位 “まるでクリーニング”マシン
24位 ソーシャル落とし物トラッカー
25位 ネオ秘境駅巡礼
26位 R-COOK
27位 トランポリンパーク
28位 エクストリームシルエット
29位 無限色ペン
30位 個人型DC(iDeCo)

 

2017年も引き続き、人工知能やVR、AR(拡張現実と言われる技術、ポケモンGOが代表例)などを活用した新しいヒット商品が生まれてくるかと思います。1位になった「ノールックAI家電」は買い物から家電の操作まで、apple社のスマートフォンiPhoneのAI(人工知能)であるsiriのように「音声」で指示できるようになるものの総称です。

日経トレンディの伊藤編集長は次のように語っています。

「来年はスマホ消費が進化し、AI(人工知能)を活用することで、スマホを出さずにさまざまなことができる“スマホフリー生活”の年になる」

来年も、さらに面白い技術やサービスが出てくるようで楽しみですね。機会があれば、BRANDINGLABでも今回ランクインした商品についてコラムを書いていきたいと考えています。

関連記事

打ち合わせ

CI、VI、BIの違いとは?

デザイナーやマーケターの間では「CI」「VI」「BI」といった言葉が飛び交い、解釈の違いで混乱することがあります。これらをはっきりと区別しないままだと、クライアントとのやり取りでも齟齬が生じてしまうこ …

ビッグエコー

SWOT分析でわかるカラオケ業界の方向性~ビッグエコーを例に~

多様化するカラオケ利用シーン 「カラオケ」というと40代以上の方は「昔はよくカラオケ行ったよなあ」「二次会といえばカラオケだったよなあ」「若いころはカラオケオール(オールナイト)も普通だったよな」と懐 …

MBAホルダーとコンサルタントの思考法と問題解決手法の違い これらを有効に機能させるために必要な見極めは

業績が堅調な各企業において、新規事業の立ち上げや業務改革に伴うコンサルティング会社の利用機会が増加し、コンサルティング会社の業績も好調となっています。 【業界研究】コンサルティング業界の現状・動向・課 …

ブランド要素とは?コカ・コーラを見ればわかる9つの要素

ブランドがブランドたる所以は何でしょうか。強いブランドほどネーミングやロゴなど、そのブランドを構成する要素を意識的に打ち出しています。 今回は、ブランドを構成する最小単位であるブランド要素について、1 …

ブランド

「日本の消費者に好まれているブランドランキング2017」をチェック!

アジア一の広告専門誌Campaign Asia-Pacificが実施している「アジアのトップ1000ブランド」において、日本人が最も良いと思うブランドTop100が発表されパナソニックが3年連続で1位 …

サイト内検索